就活に不利?レアキャラ文系大学院生だった僕が大手内定を獲得した方法

スポンサーリンク




こんにちは。文系大学院生として就活を乗り越えた、やまびこです。

突然ですが、文系大学院生はどうも就活では不利なようです。事実、多くの会社では文系院生は2年余計に年を取った学生程度にしか見ておらず採用には極めて消極的。

とは言え、文系院生だって「一流企業に就職したい!」と思う人はいるはずです。かく言う僕がそうでした。

今回は、そんな文系大学院生が内定を勝ち取るためにとるべき戦略の導入です。詳しい戦略は記事の最後にリンクを張ったので、そちらをご覧下さい。

文系大学院生は就活では不利

そもそも文系大学院生は就活で本当に不利なのか?という話。

僕の原体験から言っても、まぁこれは事実でしょう。 多くの企業では文系大学院生を全く(たったの1人も)採用していないという事実 がありますからね。

この時点で他の学部生や理系大学院生と比べて、会社選択の幅が圧倒的に狭いと言えます。

仮に、あなたにとって興味のある企業があったとしても、その企業に文系大学院生を採用する気がなければ、あなたが超魅力的な人間でない限り選考に残れません。魚のいない湖で釣りをするようなものです。

各社の採用ページに「文系大学院生お断り!」と書いてあれば分かりやすくて良いのですが、文系大学院生積極採用!、なんて書いてあるから厄介なんです。

真に受けないでください。 大多数は間違いなく文系大学院生の採用には消極的です。 

なぜ文系大学院生は不利なのか?

では、なぜ文系大学院生が就活で不利な扱いを受けるのかちょっとだけ考えてみます

専門性に欠ける

まず、理系に比べて文系大学院生は専門性に欠けることが挙げられます。

もちろん、実際の専門性は文理共に高いとは思いますが、文系職を採用する企業からすると、大多数の学部卒の人達がやってのける仕事を、わざわざ大学院生にやらせるメリットがないのです。

初任給が高い

一般に、大学院卒は学部卒と比べて初任給が高く設定されています。給与が高いということは、それ相応の専門性を認めるということです。

研究開発系の職種であれば仕事柄、専門性が問われるでしょうが、文系職の場合はそうではない。

2年上の先輩と同じくらいの給与で入社する分、それ相応のポテンシャルを入社後すぐに発揮できる人材じゃないとペイできないと判断されてしまうわけですね。 要するにコスパが悪いと思われやすいのです。 

頭でっかちで使いにくい

研究開発系の職種であれば、専門性をダイレクトに活かすことができるかもしれませんが、営業やコーポレート系職種の場合は状況は異なります。

特別な専門性を持たずとも、実務を踏む過程で成長することが可能です。こうした環境で仕事をする上では、頭でっかちな文系大学院生は敬遠されがちです。

いくら「自分は単なる頭でっかちではない!」と思っていても、採用担当がそう思った時点で不利なものは不利なんです。

じゃあ文系大学院生が内定を取るためにはどうすれば良いのか?

就職四季報が便利!文系院生を積極採用している企業を見つける

繰り返しですが、多くの企業では文系の大学院生をまったく採用していなかったりします。このような企業は「はじめから文系大学院生を採用する気がない」と判断すべきです。

もしも、あなたが自分のポテンシャルに圧倒的な自信があれば話は別ですが、たいていの文系大学院生にとってこうした企業は受けるだけ無駄です。

では、どうやって文系大学院生を積極採用している企業を見つければ良いのか?

ここで絶対に見ないといけないのが「就職四季報」。文系院生にとってこれは必須アイテムです。

就職四季報には上場している企業の採用状況がずらーっと記載されています。平均年収、有給消化率、3年以内離職率など客観的な情報が詰め込まれているのです。

そしてその中に、 文系大学院生の採用人数が大学別に記載されているのです。 この情報を使わない手はありません。

ひと通り、四季報を眺めて、文系大学院生の採用実績があるところを中心に、選考企業を絞りこむのです。これでまずは、魚がいる湖で釣りを開始できます。

学部生には真似できない自己PR

文系大学院生は他の学部生と比べて、初任給が高いこともあり、企業側からの期待値が高い。内定を取るためには、この期待値を超えるPRをしなくてはなりません。

僕は自己PRではとにかくビジネスライクなトークを心がけました。今思えばかなり生意気な学生だったかもしれませんが、面接官と完全に対等に経営について語らえるよう準備を万全にして挑みました。準備が全てです。

学部生であれば、アルバイト、部活、学祭など、いわば大学生らしい自己PRをする事でポテンシャルを評価してもらえる可能性もありますが、文系大学院生に限ってはこれでは期待値に答えられません。

 必ず「経営」の視点から会社や業界を分析して、自分なりにその企業の経営について15分くらい語りまくれるよう準備しておきましょう。  

経営の視点から企業分析をする方法は決して難しくありません。こちらの記事を参考に企業分析に取り組んでみてください。

 まとめ

文系大学院生は就活では選択の幅が狭いという点で不利です。

ですが、文系大学院生を積極的に採用している企業を見つけて、学部生にはない洞察力で経営を語る事ができれば大手から内定を取る事は十分に可能です。

就活は準備がすべてです。ホント。

どうやればえーねん、という方は以下の記事に飛んでください。自己PRと志望動機の考え方を記しています。

【逆転の就活戦略】自己分析編:凡人のちっぽけなネタでも調合すればバケモノ級の兵器になる

【逆転の就活戦略】凡人のための具体的な志望動機の作り方

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




僕の駆け込み寺 プログリット




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、やり方が間違っているかも。プログリットの無料カウンセリングでは、あなたに合った独学カリキュラムを組んでくれます。正直言って、行かない理由を探す方が難しいですよコレは。無料ですから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です