海外ドラマやTED talksは英語学習に本当に役立つか

スポンサーリンク




私は英語の勉強を始めようと決心した時、ネットにあふれる英語の勉強法を片っ端から調べました。

そこで頻繁に目にした学習法に「海外ドラマやTEDのスピーチを視聴せよ!」というものがあります。

この勉強法、あまりによく目にするので私もやってみました。その体験から私が実感したことを記しておきます。これからドラマやTEDで英語学習にチャレンジしようと考えている方は参考がてら読んでみてください。

海外ドラマやTEDを使った英語学習法

ドラマやTEDを使った勉強の方法は、とにかくリピーティング!リピーティング!リピーティング!シャドーイング!シャドーイング!シャドーイングです。画面上で役者が話していることをひたすらマネして声を出すのです

この勉強法は以下の手順で進めます。

  1. 字幕なしで一通り視聴して、どんなことを言っているか想像する。
  2. 英語字幕でもう一度見ながら、リピーティングを試みる。
  3. できない場合は動画を何度も巻き戻しながら、リピーティング出来るように訓練しまくる。
  4. 字幕ありでシャドーイングを繰り返し、すらすら出来る状態にする。
  5. 字幕なしでシャドーイングを繰り返し、すらすら出来る状態にする。
  6. 最終的には、字幕なしでドラマを楽しめる状態になる。

 

海外ドラマを使った英語学習

まず私が試したのは海外ドラマを使った学習です。このとき私が使った題材は、この勉強法で頻繁にオススメされていた海外ドラマ「フレンズ」でした。

フレンズがオススメされている理由

「フレンズ」はアメリカで1994年から2004年にかけて放送されたコメディドラマですが、若い男女の日常をおもしろおかしく描いたドラマ故に、軽い気持ちで楽しめるので日米でウケました。

このドラマの良いところは自然な英語を学べる点にあります。男女の日常のトークにはクスッと笑えるジョークも含まれており、非常にナチュラルです。

実際に「フレンズ」に挑戦してみた

ということで、フレンズを題材にシャドーイングに挑戦した訳ですが、まぁなんと難しいことか!スクリプトをネットで調べ、プリントアウトしたものを手にしながらトライしても、当時の私(TOEIC605点)にはまったく歯が立ちませんでした。

コレときめたら継続して勉強するタイプだと自負していますが、さすがにこれは挫折しました。

挫折した理由

私が挫折した理由は主に2つあります。

スピードについていけない

とにかくセリフのスピードが早い。何度聞き直しても、スクリプトを見ても音読なんてとてもじゃないけど出来ませんでした。これには愕然としました。

効率が悪い

リスニング教材と違ってドラマなので、セリフとセリフの間にある描写が長かったりすると、かなりのストレスが溜まりました。

また、何度も何度も巻き戻しては音読をするのも面倒臭いです。片手にリモコンを持ちながら巻き戻しては音読にトライして、また巻き戻して・・の連続。

ということで、さすがにこの勉強法では時間対効果が悪いと思ったので諦めました

TED talksを使った英語学習

次に、TEDを使って勉強してみました。こちらはスピーチなので、ドラマと違ってストレスはそんなにありません。また、TEDのスピーチは内容が選択できる点で便利でした。

ただし、畑違いの学術的な話になると出てくる言葉の意味がほとんど分からず、モチベーションが下がってしまいますので要注意。

スマホなどに音声を録音しておいて、通勤時などにシャドーイングを繰り返すことで、リスニングとスピーキングの改善に繋がると思います。

でも実は私はTEDも断念しました!話される英語が難しすぎたからです。 TOEIC600点レベルでははっきり言って歯が立ちません。 

英語は積み重ね科目

結局のところ、英語は自分のレベルをわきまえた上で、適切な負荷をかけながら勉強しないと上達は難しいのだと私は結論づけました。

日本史や世界史であれば、ある時代ある時代をつまみ食いしても効果的な学習になりますが、英語は違うのです。

英語は基本を抑えないと、応用するなんてあり得ないようにできているのです。リスニングなんかはこの特徴をもろに受けます。

関係代名詞の非限定用法を理解していない状態で、話者が突然話の途中に” , which を交えて話をしてきても、まったく意味が取れないでしょう。

関係代名詞の非限定用法を分かっていても挿入の用法を理解していないと”~, which I think is…” と言われた瞬間、何のこっちゃ?となるのです。

また、ドラマに出てくるフレーズをそのまま丸暗記しても、文法的に理解きちんと理解できていないと、応用的に状況に応じた運用ができず、一つ一つのフレーズを出てくる都度「個別に」暗記しなくてはならず、効率が悪いです。

まとめ

英語は基礎から積み上げないとモノにはできません。海外ドラマやTEDを使って勉強してみたことで私はこの点を痛感しました。

自分のレベルを正しく理解して、基礎から順に固めていけば必ず英語は上達すると、いまでは自信を持って言えます。

TOEIC600点レベルの人にとっては海外ドラマやTED talksを使った英語学習は時期尚早です。

海外ドラマやTEDtalksはTOEIC800点を超えて、日常的な英会話ができるようになってからでも遅くはありません。それまでは、焦らず地道に基礎を固めることを絶対優先すべきです。



スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



ボクが英語力爆上げのために駆け込んだのはプログリットでした。卒業生としてオススメします。まずは無料面談だけどうぞ。ここまで科学的に弱点と対策をアドバイスしてくれる無料面談は他にないので。




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です