英語が出来なくてもグローバル企業の内定は取れる!

スポンサーリンク




グローバルでビジネスを展開している大企業から内定を取りたい!でも英語は全くできないからムリだよね・・

なんて考えている就活生の方、結構いらっしゃると思います。

ネット上でもTOEICと就活に関する記事は山ほどで回っているので、多くの方の関心事なのでしょう。

ということで、今回はグローバル企業から内定を取る上で、英語力がどれほど重要か、私の実体験から感じたことをご紹介します。

私は就職活動では主にメーカーを志望していたので、今回紹介する内容も基本的にメーカーが前提になっています。

英語が出来なかった私の就活はどうだったか

就活をしている頃、私は英語が全くできませんでした。

大学時代に受けたTOEICは300点台でした。

でも、巨大メーカーに行きたいと思っていたので、気負わずに志望する企業にがんがんエントリーシートを出していました。

その多く(いや、たぶん全て)の企業はエントリーシートに語学力を記載するスペースがありました。

TOEICスコア欄だけの場合もあれば、文章を書くスペースまで設けられている会社など、様々でしたが、必ず語学力記載欄が設けられていました。

なかでも、私の第一志望の企業に関しては、デカデカと語学をアピールする欄が設けられており、TOEICなどのスコア欄はもちろん、語学力をアピールするための文章を書く欄まで設けられていました。

しかし、残念ながらTOEIC300点台の私は何も書くことがないので、空白で出すしかありませんでした。

でも、結論から言うと、私はこの第一志望の企業から内定を取ることが出来ました。

企業は新卒に英語力を求めているのか?

全く英語が出来ない私のような人間をなぜ採用したのか?

しかも、言わずと知れたグローバル企業なのに。

入社したての頃、私はこんな事を思っていました。

「あー・・周りの同期スゴすぎ。

外国人講師による新人研修(セッションは全て英語)で、急に当てられても難なくベラベラと英語で喋ってるし・・。

僕のような関西弁しか話せない人間がこんな所にいて良いのか・・。

てか人事よ。なんでオレを採用したんだ!?」

でも、採用するからには、ちゃんと理由があるんだと思います。

私の場合はおそらく「誰にも負けない反骨精神」が採用してもらえた理由の一つになっている、といったところでしょうか。

「こいつなら、入社してから必要に応じて語学力は何とかするだろう」なんて思ったのかもしれません。(というか、実際そのようです。当時の採用担当と飲んでいるときに、そんな事を言っていました。所詮飲みの席で聞いた話ではありますが・・)

という事で、私が思うにグローバル企業は新卒に英語力を求めています。しかし、あくまでNice to haveです。決してMust haveではありません。

英語が出来ないなら、他でカバーすれば良い

私のいる会社の同期に英語が堪能な人が多いのは、英語力が直接的に評価したからではなく、グローバルで業績に貢献できる人間性を評価されてのことです。

結果として、採用した人はだいたい英語が使える人だった、ということです。

ですので、グローバルの風を感じる大企業であっても、英語力ゼロの人間が内定を取ることは十分に可能です。

採用のプロセスの中で、きちんと「業績に貢献できる人間である事」を説得できれば英語力なんて無くても内定は取れるんです。

ただし、例外もあると思います。

外資系コンサルや総合商社などは、さすがに新卒の段階で「英語まったく分かりません」では、内定は難しいでしょう。(と言っても、私はこのような企業を受けていないので、あくまで推測でしかありません。ごめんなさい。)

とは言え、少なくともメーカーであれば、いくらグローバルがどうのこうのと説明会で脅されても(いや別に脅してはない)、気負いする事はないと思います。

「英語は後からどうにかすれば良い!」

「そのためのポテンシャルを自分は持っている!」

このくらいの気持ちで挑んで良いのではないかと個人的には思いますし、実際私はそう思って挑み、内定を取りました。

英語に自信が無くて、エントリーシートを出すことに尻込みしている方!

私はその企業に挑む価値は十分にあると思いますよ。

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



ボクが英語力爆上げのために駆け込んだのはプログリットでした。卒業生としてオススメします。まずは無料面談だけどうぞ。ここまで科学的に弱点と対策をアドバイスしてくれる無料面談は他にないので。




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です