逆転内定をとった僕が思う最高の就活本は「ロジカル面接術」

スポンサーリンク




自己分析や志望動機を作ろうとする時、私が最も役に立ったと思う就活本があります。

それが「ロジカル面接術」です。

これ、今やベストセラーなんですね。

私の頃はかなりマイナーな部類だったんですが、本書の内容を考えるとベストセラーになるのは頷けます。

今回はロジカル面接術が提唱する考え方を紹介します。

就活での論理武装の方法がわかる

本書は就活生が就活のなかで持つべき論理武装の方法を体系的に整理してくれています。

その内容は極めてシンプルで、誰にでも理解できる内容になっています。

その体系がこちらです。

「ロジカル面接」の画像検索結果

これだけです。

結局、選考過程であなたが採用担当に伝えるべき事はたった一つ。

「私は御社に貢献できます」

これだけだ!と断言されています。

初めてこれを読んだ時は、「なにを今更・・そんなの当たり前やん」と軽視していました。

しかし、この当たり前を本当の意味で理解し、実行に移すことが出来ている人はあまりいません。

私はこの「私は御社に貢献できます」というメッセージに一言だけ追加して、「私は御社の業績に貢献できます」と修正解釈して、自己PRや志望動機を考える基礎としました。

結局、企業側が採用する目的は永続的に業績を上げるためです。

この当たり前の事実を直視すれば、選考過程で何を話せば良いかがグッとクリアになります。

「貢献できます」=「能力」×「フィット感」

次に「私は御社の業績に貢献できます」というメッセージをどうやって面接官に納得させるかを考えます。

本書ではその証明のために必要な要素は2つあると定義しています。

それが、「私には能力があります」と「私は御社に合っています」です。

これを言い換えると、自分は御社に貢献するだけの能力を持っている!しかも、御社は自分にフィットしているから、その能力を十二分に発揮できるはずなんだ!

というメッセージで相手を説得することで、スムーズに納得感を植え付けるのです。

ここで気がついて頂きたい事は、この2つの要素はそれぞれ自己PRと志望動機で証明することになる、という事です。

「私には能力があります」は自己PRで表現すべきメッセージ。

「私は御社に合っています」は志望動機で表現すべきメッセージということです。

では、それぞれどのように証明するか見て行きます。

能力=問題解決能力×行動力×コミュ力

本書は貢献するための能力は問題解決能力と行動力とコミュニケーション能力の3つに集約できると考えています。

そして、このうちコミュニケーション能力については、取り立ててエピソードトークを準備する必要はなくて、面接官との対話の中で自ずと伝わるものだと割り切っています。

となると、面接で表現すべきは2つ。

課題解決能力行動力ということになります。

この2つの能力を有している事をご自身のエピソードをベースに相手に伝えることで、業績に貢献できるだけの力を持っている事を説得します。

じゃあ、これら2つの能力を示すためのエピソードって一体どんなものでしょうか。

課題解決能力と聞くとなんだか仰々しいですが、これって結局のところ、「困難に直面したときにどんな事を考え、どんな行動を起こし、どんな結果が得られたか」をエピソードにすれば良いと思っています。

この類のエピソードには時間軸が長いものや短いものがあります。

以下に私の超簡略版の例を示しますが、これは比較的長いタイムスパンでのエピソードです(2年くらい掛けて得られた体験)。

「内定切り」→「無力感」→「存在証明してやると開眼」→「経営を学ぶと決心」→「会計士受験」

これで問題解決能力と行動力を伝える事ができます。

フィット感は目標達成に必要な機会が得られるかで決まる

次に志望動機に繋がる「私は御社に合っています」というメッセージの証明です。

これは、まずあなたの目標や夢を起点に考えます。

そして、その目標を達成する上で、どのような企業があなたにとって望ましいかを定義してください。

たとえば、キャリアが多様であること、収益性が高いこと、イノベーションの爆心地が現場にあること、など自身で明確に定義付けてください。

次に定義した要素をその企業が満たしているという事実を集めます。

私の場合は、先輩社員との話からキャリアの多様性について情報を集めましたし、決算資料や会社説明会の情報から、ビジネスモデルや他社優位性などの特徴を定義できました。

具体的なファクトで有ればあるほど、説得力は増します。

就活のプロセス自体が仕事の進め方の基礎

ロジカル面接術に書かれている事は、なにも就職活動だけに必要なことではありません。

論理的に伝えるために、伝えるべき内容を体系的に整理し、思考することは、内定した後に仕事を進める上でも必要になる頭の使い方です。

その意味でも就活生にとって本書の価値は大きいものだと思います。

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



ボクが英語力爆上げのために駆け込んだのはプログリットでした。卒業生としてオススメします。まずは無料面談だけどうぞ。ここまで科学的に弱点と対策をアドバイスしてくれる無料面談は他にないので。




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です