就活で使える面接官説得術!Yes But法をつかいこなせ

スポンサーリンク




みなさんは面接の時、面接官から何らかの意見をもらったことがありませんか?

たとえば、こんな局面をイメージしてください。

就活生
〜といった経緯から自ら事業を動かしていく人間になりたいと考えるようになりました。
面接官
ほー、そうなんですねー。でも経営に興味があるんだったら、ウチみたいなメーカーよりコンサルティングファームの方が君には合ってるんじゃないかな?

 

あなたなら、この局面をどう乗り越えるでしょうか?

ここで効果的なのが「Yes But法」を使った返しです。

今回は「Yes But法」の使い方と注意点を紹介します。

Yes But法とは

Yes But法とは:

相手の言い分を一度受け止め、次に相手の言い分に反論する内容を伝えるスキルのことです。相手の意見・主張を、直接的に否定するのでなく、一度は賛成・共感した上で、自分の考えを述べるというものです。

まあ、これご存知の方がほとんどだと思います。

でも、就活の面接で効果的に活用している方は意外と少ないのではないでしょうか。

面接での緊張もあり、ここまで頭が回らない、なんて事もあるのかもしれません。

しかし、面接官からある主張が投げかけられた場合にYes But法を使う事で面接でのあなたの印象をグッと高めます。

就活生には絶対に使いこなして欲しいスキルです。

Yes But法のメリット

Yes But法を使うと何が良いのか。

それは端的に言うと、『ん?コイツは他の学生とは一味違うな』と思わせることができるからです。

どういうことか?

面接官から何か言われた時の就活生の心理としては、「無難に相手に合わせておこう」と思いがちです。

おそらく、多くの就活生が内定欲しさに迎合してしまうのです。

しかし、面接官の主張に迎合せずに、Yes But法で自分の考えをスパっと返す事が出来れば、あなたの印象はグッと高まり、他の学生とは一線を画した存在になることができるのです。

Yes But法の例

では、以下に例を示します。

就活生
〜といった経緯から自ら事業を動かしていく人間になりたいと考えるようになりました。
面接官
ほー、そうなんですねー。でも経営に興味があるんだったら、ウチみたいなメーカーよりコンサルティングファームの方が君には合ってるんじゃないかな?
就活生
はい。実は、私も初めはそのように考えていまして、コンサル業界も回っていました。しかし、そこで気がついたことは、自分は事業の運営をしたいのであって、外部からサポートすることではないという事です。外部から他社を見て、他人の経験から学びを得るというより、自分自身の原体験ベースで経営を学び、実践するのがベストだと考えましたので、コンサルからメーカーに方向転換した経緯があります。

 

これがYes But法を使った返しの例です。

面接官の意見に迎合することなく、しっかりと自分の考えを主張しています。

Yes But法の注意点

この表現技法にはひとつだけ注意点があります。

それは、「感じが悪くならないようにする事」です。

Yes But法は文字通り、一旦相手の意見を受け止めはするものの、結局は相手に意見することになります。

伝え方次第では、相手を内心ムッとさせてしまうリスクが伴います。

だからこそ、Yes But法を使った表現をする際は注意が必要です。

表情や声のトーンなど、意識的に工夫してください。

まとめ

面接では、単純に面接官の意見に迎合するのではなく、毅然とした態度で自分が考えた事を発言する必要があります。

逆転内定を取りたい人は特にそうです。

そんな時にこのYes But法が効果を発揮します

是非とも使いこなしてみてください。

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



僕の駆け込み寺「プログリット」




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です