英語をマスターしたいなら日本語で考えるな!に対する僕の見解

スポンサーリンク




日本語で考えるな、英語で考えろってよく聞きますが、純ジャパにそんなこと可能なんですかね?

言語形成期ってだいたい小学校の低学年くらいまでって言われてますけど、そこを遥か昔に過ぎ去っている私たちのような成人に、ダイレクトに英語で考えろって言っても無理でしょ、というのが私の感覚。

英語とはほど遠い日本語の語感が、骨の髄まで染み込んでいるんです。

英語を始めたばかりの純ジャパ成人に英語で考えろって言ったって、それが出来れば苦労しないよ・・ってな話です。

というか、非ネイティヴでそれなりに英語を話せる人でも、ダイレクトに英語で考えられる人なんてほんっと僅かだと思います

いくらスラスラと英語を話しているように見えても、頭の中では日本語から英語への変換作業がなされているものです。

彼らはその変換速度がハンパなく速いだけです。

そうです。

非ネイティヴにおいて、英語が出来るかどうかって、とどのつまりは変換速度の問題だと思うんです。

決して、ダイレクトに英語で着想しているわけでも、勝手に口から英語が出てくる訳でもありません。

おれは勝手に英語が口から出てくることがあるぞ!って人もいるかもしれませんが、それはかなりの高頻度で使っている表現だからだと思います。

何度も何度も使っているから、その表現の変換作業がスムーズに行われているだけです。

こうした、スムーズに変換出来る表現をどんどん増やして、自分が生活の中で使う表現を網羅した時にペラペラになるんだと思います。

変換速度は使用頻度と相関関係があるというのが私の体感値です。(あ、わたし全然ペラペラじゃないですよ笑)

日本語でも高頻度で使っている表現ってありますよね。

そういう表現って英語でも使う頻度が高いんです。

だから、変換作業が無意識レベルに出来てしまい、スッと口から出てくる。

忘れちゃいけませんが、変換速度を上げる以前に、変換機能そのものが無いと話になりませんよ。

ゆっくり時間をかけても日本語を英語に変換出来ない場合は、文法力が欠如してるはずです。

そんな方は文法書を使ったインプットとスピーキングのアウトプットは同時並行でずーっと続けることが絶対必要。

だから文法書は何度も何度も読み返す価値があるんですよね。

読めない英語は書けない。

書けない英語は話せない。

話せない英語は聞き取れない。

これが、リーディングはライティング、スピーキング、リスニングすべての根幹を成すものだと考える理由です。

日本語で発想したことを英語に変換する訓練が英語上達の唯一の手段だと考えれば、日本語を英語にできないとスタート地点にすら立てないわけで、文法がいかに重要かがよくわかると思います。

 

ということで、英語を学ぶ大人に、日本語で考えるな!というのは無理な話。

我々は、日本語から英語に変換する作業からは逃れられません。

私たちに出来る事は変換速度を高速化させることだけ。

そのためには文法理解を含めたリーディング力が重要で、これがないと変換の訓練すらできません。

なのでリーディングは最重要。

とにかく基礎の理解とアウトプットを繰り返し行って、ブラッシュアップすれば、必ず英語力は付きます。

あとは、忍耐強く継続できるかどうかの問題だけ。

結局、英語は繰り返すことがいっちばん大事。

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



僕の駆け込み寺「プログリット」




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です