「にわか」カジュアルデーで企業風土が変わると本気で思ってないよね

スポンサーリンク




3か月くらい前から私が通っている会社でも『カジュアルデー』が始まりました。コトバンクによると、カジュアルデーっていうのは、、

企業で週に一度自由な服装での出勤を認める日。日本ではこれを金曜日に当てて、カジュアルフライデーとすることが多い。
コトバンクより

ということらしい。

私が勤める会社は毎月第3金曜がプレミアムフライデーと合わせてカジュアルフライデーにもなっています。

今回は最近取り入れられたカジュアルデーに対して疑問を呈してみます。

カジュアルデーの目的

そもそもカジュアルデーの目的って一体何なんでしょう?

ググってみると伊藤忠ネクサス社のコメントをたまたま見つけました。

これウチの会社の総務部とほぼ同じ事を言っています。見てみてください。

働き方改革の一環として、カジュアルな服装で仕事をするという新しい働き方を取り入れる事により、社員一人ひとりが柔軟な発想を生み出せる風土を醸成することを目的としております。

https://b2b-ch.infomart.co.j/news/detail.page?169&IMNEWS1=695746

「カジュアルな服装で仕事→柔軟な発想が生まれる風土の醸成」らしいですが、月に数回、服装自由にするだけで風土変わりますかね?

にわかに納得し難い。



にわかカジュアルデー

ウチの会社のカジュアルデーには結構細かいルールがあります。

ポロシャツは良いけどTシャツはダメとか、革靴は良いけどスニーカーはダメとか、ジーンズは良いけど短パンはダメとかその他いろいろ。

正直、こんなに沢山ルールを作ったら、みんな同じような服装になりますよ。夏場にTシャツを着るなと言われたら、残された選択肢ってかなり限られます。

なぜTシャツがだめなのか?襟がないから?なぜスニーカーや短パンはダメなのか?カジュアル「過ぎる」から?

でも、そもそもカジュアルデー導入の目的って柔軟な発想を生み出せる環境を醸成するからでは?

この目的に対する手段として、このガチガチのルールは如何なものか。いろいろと納得できない事がありますね、にわかカジュアルデー。

発祥はシリコンバレー

もともとカジュアルデーはアメリカ西海岸のシリコンバレーが発祥の地と言われています。

シリコンバレーの先進的なIT企業で働く人々がラフな私服で仕事をすることが多くあります。

ぱりっとしたスーツに身をまとったプライベートエクイティの社員と話すときもTシャツにジーンズで対峙する人だっています。

これが許されるのって、「シリコンバレーの奴らはそういう連中だ」と相手に理解されているからであり、むしろ、それでこそ彼らが求めているギークだったりするからです。

日本の歴史ある企業とは、根源的なカルチャーが初めから全く違うのです。

月に数回だけ

カジュアルデーは週に一回ないし、月に一回だけ。これまた中途半端です。

思い切って毎日カジュアルにしてしまおう!と言うならまだしも、月に数日だけカジュアルな服装で仕事って。

これで柔軟な発想を生み出せる風土が醸成できると本当に思っているのでしょうか。さすがに誰もそう思わないでしょう。

とっかかりとしてまずは週一回。その後様子を見ながら、最終的には全面的にカジュアル化する、といったプランが無い場合は、カジュアルデーには大した意味はでしょう。

やるならフリースタイルで

カジュアルデーをやるなら面倒なルールなんて取っ払って、フリースタイルでやればいいんじゃん、と個人的には思う。

スニーカーも短パンも、Tシャツだって、なんならサンダルだってOKでいいじゃない。

学校じゃないし、みんないい大人。取引先や客と接するときを除けば、自己責任で個人に100%まかせればいい。

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



ボクが英語力爆上げのために駆け込んだのはプログリットでした。卒業生としてオススメします。まずは無料面談だけどうぞ。ここまで科学的に弱点と対策をアドバイスしてくれる無料面談は他にないので。




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です