年功序列は成果主義よりも残酷なシステムだと思う

スポンサーリンク




日本企業の多くは終身雇用が前提で給与は基本的に年功序列です。これは今や誰もが認識している事実。

これと対比して、よく成果主義はどうだ、みたいな話がある。

成果主義の会社では、いかに若くても実績を残した者にはそれ相応の金銭対価が支払われる。逆に長く勤めていたとしても、成果のない者には決して大きな対価は支払われない。それが成果主義。

今回は年功序列と成果主義の対比から年功序列がいかに残酷なシステムかを整理してみる。

(実際は、日本企業の多くがそ の評価体系をミックスしている。成果に対応する部分と年功序列で増えていく部分を切り分けて、その人への対価を計算するものです。しかし、今回は両者を対比したいので、あえて両極端に捉えます。)

年功序列は対価をお金と考えない

そもそも従業員への対価って何だろうか?

「そんなのお金に決まってんじゃん」という声も聞こえてきます。

たしかに、成果主義のもとでは間違いなく対価は『お金』ですよね。でも、年功序列のもとではお金の対価はほとんど期待できないのが事実。

たとえば、年功序列の会社では、入社1年目の等級がまだ一番下の新人が大口の取引を取ってきても、ガツンと給与が上がるほどの金銭的な報酬は正直無い。

「そんなの頑張り損じゃん」と思う人もたくさんいると思いますが、これが年功序列。

では、年功序列の対価がお金じゃないなら一体何が対価なのか?

それは『信頼』です。

上司(または同僚)からの信頼が対価として与えられるのです。

その形は様々で、「よくやった」という褒め言葉かもしれないし、表彰だったりするのかもしれない。

形はともかく、年功序列のもとで支払われる対価はお金ではなく信頼と考えるべきなのです。



信頼は賃金カーブの後期に効く

「信頼なんてなんの特にもならんよ」と考える人が最近では多いです。

そのため、あらゆる会社で成果主義を導入しつつあるのが事実です。

なんてったって成果主義は分かりやすい。成果をあげればダイレクトに給与に効いてくるんですから。モチベーションのコントロールも容易でしょう。

でも、年功序列の対価である信頼も軽視は出来ないという事も知っておいた方がいい。

先ほど、年功序列のもとでは対価がお金ではなく信頼という形で支払われる、と言いましたが、実はこれにはある秘密があります。

それは一定量の信頼を積み重ねたときに訪れます。

往々にしてそれは勤続15年目くらいのタイミングなのですが・・

積み上げた信頼が突然、お金に化けるのです。

そう、これこそが年功序列のミソ。

年功序列なんて仕事のレベルに関係なく給与がチマチマ上がっていくナンセンスなシステムと思われがちですが、実はそんなことはないということです。

確かに、入社から10年くらいはどんなに頑張っても、怠け者の同期と給与に大差はでません。

でも、その間に信頼という対価を積み重ねた人は、15年目くらいのタイミングで一気に金銭的対価を受け取り始めます。

ここから先、怠け者同期との給与の差は雪だるま式に膨らんでいく。これが年功序列の本当の姿です。

年功序列の茹でガエル

ここまで分かれば、年功序列がいかに残酷なシステムかがよく分かると思います。

成果主義では自分の成果がタイムリーにお金で跳ね返ってくるため、周りの人間との対比が容易です。

これに対して、信頼という形のない対価を一定期間積み上げていく年功序列のもとでは、周りの人間との対比が目に見えない。

その結果、成果を出さない者は焦ることなく、のんびりと過ごしてしまいがちなんです。隣人がせっせと信頼を貯め込んでいるとも知らずに・・。

そして、気がついた時にはもう手遅れで、目も当てられないくらいの年収差が出ているという現実に直面するのです。

これこそが年功序列という釜で発生する茹でガエル現象です。

なんと残酷なシステムか。

まとめ

実力主義は対価が分かりやすいため、社員間の競争も見えやすく、起きやすい。

その点、年功序列はのんびりしているように見えるかもしれません。

しかし、実際は違います。

年功序列のシステムもしっかりと金銭対価の差が生まれるようになっています。

そして、その差は当面、目には見えない「信頼」という形で貯まっていきます。

そのため、それを知らずにのんびりとしている人間がその差に気がつく頃には、取り返しのつかない給与の差となるのです。

この点で年功序列は成果主義よりも遥かに残酷なシステムだと思うわけです。

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



僕の駆け込み寺「プログリット」




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です