英文メールの結びはコレ!世界67人のビジネスメールを集計したら頻度ダントツ1位が判明した

スポンサーリンク




英文メールを書き始めた方はみんな一度は迷う、『結び』のフレーズ。皆さんはどうやって決めますか?

『Sincerely』はビジネス上、頻繁に使用されている結び言葉らしい?

『Sincerely yours』はかなりフォーマルでイギリスでよく使われる?

『Warm regards』は親しい間柄のビジネスメールでよく使われる?

結局どれ使えば良いのか分からないですよね?

ということで、今回は英文メールの『結び』を何にするか?という問いに私なりの答えを出します。

英文メールの『結び』の種類

その前に、英文メールの結びの種類って一体どんなものがあるのか見てます。

ちょっとググっただけでこんなに出てきましたよ。以下、見てみてください。



Sincerely,

ビジネスメールでは良く見られる結び言葉。とにかく丁寧な表現なのでどれを使うか迷ったときは、とりあえずコレを使っておけば安全。らしい。

 

Sincerely yours,

『Sincerely』よりもっとフォーマルな表現。かなりの敬意を表現している。らしい。

 

Best,

かなりカジュアルな結び表現ですが、ビジネスメールでも使えない訳ではない。親しい間柄の同僚などとのメールでは使ってもOK。らしい。

 

All the best,

これも結構カジュアルな結び言葉。『Best,』と同様に相手との関係性によって使い分けるべき表現。ビジネスメールでも使用可。らしい。

 

Cheers,

『よろしく!』てな感じの結び表現。これもかなりカジュアルな表現なので、仲がいい同僚同士のメールなら使っても大丈夫だけど、上司とか取引先に使うのは避けたい。らしい。

 

実際世界で一番使われているのはどれよ?

結局世界でよく使われているのはどれなのさ?

そうなんです、上記みたいな事を言われても良く分からんのです。

なので、私のメールボックスにある世界67人の外国人のメールで使われている『結び』の表現を集計してみました!

その結果、実際の私を取り巻くビジネスの現場でダントツで使われている『結び』が判明しました!

ちなみに、上記の5つの表現はランク外でした。というか、こんなの使っている人を見た事がないです。

集計の前提

まずは集計対象を明確にしておきますね。

私は社内の人間しかやり取りしませんので、取引先や顧客などとのメールはふくまれません。あくまで、社内の人間とのやり取りです。

ただし、社内とはいっても、実際に会った事がある人もいれば、そうでない人もいます。いかんせん、M&Aを繰り返している会社で仕事をしているので、海外の買収企業が多く含まれます。

国別人数構成

集計対象は67人の外国人です。国別の構成は以下の通りです。

人数
US 28
Belgium 10
UK 6
China 3
Singapore 3
Indonesia 2
Chile 2
Philippines 2
Austraria 2
Vetnam 1
Dubai 1
Thailand 1
Colombia 1
Mexico 1
Brazil 1
Malaysia 1
Korea 1
Taiwan 1
Total 67

英文メール『結び』ランキング

さて、『結び表現』の集計結果です!どうぞ!

 

 

ダントツで『Best regards,』が一番使われているのが分かります!

そして、さきほど示した『Sincerely,』『Sincerely yours,』『Best,』『All the best,』『Cheers,』は誰一人として使っていませんでした。ゼロです。

アメリカだけを見てみると

事実上、英語を支配しているのはアメリカ人です。

ということで、アメリカの28人だけに絞ってみるとどうなるか見てみましょう。

アメリカ人を抽出してみると、これまた興味深い事が分かります。

『Thanks』が『Best regards』と並んで第1位!

アメリカ人 28名だけ抽出
Best regards 12人
Thanks 12人
Thank you 2人
Regards 2人

まあ、『Thanks』に関してはちょっとカジュアルな気もしますが、アメリカ人はガンガンこの調子でメールを送ってきています。

非ネイティブ圏の31名を見てみると

世界は広い!非ネイティブ圏の31名だけで見てみますよ。

さて、以下をご覧あれ。

非ネイティブ圏 31名だけ抽出
Best regards 9人
Kind regards 7人
Regards 5人
Thanks and best regards 4人
With best regards 3人
Thank you 2人
Thanks and regards 1人

こちらは少しバラエティに富んでいますね。

でも、やはり不動の1位は『Best regards』です。

次いで『Kind regards』が1位に迫る勢いで多く使われています。

まとめ

いかがでしょうか。

私が出した答えは『Best regards』です。迷っている方は、これを使っておけば大丈夫。圧倒的多数の人がコレを結び表現として使っています。

実際、私は仕事のメールはすべて『Best regards』で貫いています!

英文メールの『結び表現』に迷われている方は、ぜひとも参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



ボクが英語力爆上げのために駆け込んだのはプログリットでした。卒業生としてオススメします。まずは無料面談だけどうぞ。ここまで科学的に弱点と対策をアドバイスしてくれる無料面談は他にないので。




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です