就職優良企業ランク62位!シスメックスを就活生のために分析研究してみた

スポンサーリンク




以下の記事で「結局、就職する上で優良な企業ってどこやねん!?」という問いに対して、私なりに1つの答えを出しました。

その答えが以下で示したランキングです。

「就職優良企業=高収益×高年収」と考えた時、一体どの会社が優良と言えるのかを示したランキングです。

まだ見てない人は以下の記事を見てみてくださいね。

上場企業売上高トップ1000を対象に優良企業ランキングをずらららーっと示しています!

【保存版】結局どこが就職優良企業やねん?上場企業上位1000社を独自に就職優良ランキングにしてみた!

就活生は会社選びの材料の一つとして使えるので必見ですよ。

はい、ここ↑までテンプレです

今回は検体検査領域をコア事業に成長を続ける医療機器メーカー『シスメックス』を取り上げます。



凄まじい売上成長カーブ

これは1995年 以降の売上高のトレンドを示したグラフです。

「凄まじい成長」としか言いようがありません。

濃い青が国内売上、薄い水色が海外売上を示しているのですが、 海外の伸びが半端じゃないですよね。

国内の成長は停滞していますが、日本国内の医療機器市場って無数のニッチ企業の集合体と言われています。

それゆえ、国内での成長の難易度は極めて高い。ましてやシスメックスのほとんどの事業は既にグローバルシェアNo1です。同社の8割の売上がトップシェアの商品から生み出されているのです。

これを鑑みると、なおさら国内での拡大の難易度は高いと言えるでしょう。

今や医療機器のニッチ企業が成長機会を見出すためには海外での事業拡大しか道は残されていないと考えられます。

シスメックスはトップシェアばかり

先ほど触れた通り、シスメックスの売上の8割はグローバルトップシェアの商品から生み出されています。

上記円グラフは事業別の売上構成比を示しています。

基盤3事業のヘマトロジー、血液凝固検査、尿検査のすべてが世界トップシェアです。国内ではなく世界でトップなんですよ。

一体どうやってシスメックスは海外市場での成長を果たしたのか、ますます気になります。

まずはシスメックスのビジネスモデルを確認してみましょう。

シスメックスのビジネスモデル

シスメックスは検体検査領域で事業展開している会社です。

この領域でシスメックスがやっている事を例えるならば、ファミコン本体を売って、その上で各種ゲームソフトをたくさん売って稼ぎまくるゲーム業界のモデルに似ています。

シスメックスのモデルはこうです。

①検査機器を医療機関に売る

②機器を使う上で必要となる専用試薬をたくさん売って稼ぐ

③使用方法やアフターケアだけでなく学術的な面からもユーザーをサポートして顧客をホールドする

①の検査機器は高い機械ですが一度病院に設置されたら当分の間は買い替える必要がありません。

あくまで②の専用試薬を回転させて稼ぐのが基本スタイルなので、おそらく機械本体は低利幅で売っていると思われます。

汚い言い方をすれば、努力して本体の機器を病院にぶち込めば、おのずと消耗品の専用試薬が売れ続けるという仕組みです。

専用試薬は新興国の大規模な工場で大量生産されているはずなので、1個あたりのコストはとても安いはず。つまり試薬の利幅は大きい。

この利幅が大きな試薬で稼いだ結果、シスメックスの利益率は脅威の20%超えになっていると考えられます。

また、シスメックスはとことんユーザーに寄り添い商品の改良を続けると共に、③のアフターサポートの充実に力を入れることで競争優位を確立した会社。

このスタイルは海外にまで広がりをみせます。

海外での拡大戦略

シスメックスの海外進出は主に次の2つの手法によるものです。

1.海外代理店の買収(直販化)

90年代に入るまでシスメックスは海外の代理店に販売を委託していました。

ところが1991年にイギリスの代理店が事業撤退をしたことをきっかけに、現地代理店を買収を敢行しました。

なぜ買収したのか?別の代理店と契約する手も残されていたはずです。

代理店を介するとどうしてもユーザーとの間に「距離」が生まれます。

顧客に寄り添い、手厚いアフターサポートで差別化してきたシスメックスにとってこの「距離」はできるだけ埋めたかったのだとろうと推察します。

代理店買収によりシスメックスは海外での直販化を実現しました。

これにより海外ユーザーと密着して顧客満足度を上げるための活動を実行できるようになりました。

2003年には世界最大の市場である米国でも直販化を開始しています。

2.グローバルメジャーとの業務提携

もうひとつの手法がグローバルメジャーとの業務提携です。

海外進出をしようにも90年代のシスメックスは売上規模で200億円程度。事業をスケールさせるには小さすぎました。

そこで独自の技術力を武器にグローバルメジャー企業との提携を図っています。

1995年にシーメンス社と血液凝固製品に関する業務提携を結び、1998年にはロシュ社とヘマトロジー事業に関する提携を結んでいます。

世界ではまだ無名だったシスメックスが世界的メジャーと対等に提携を結ぶことができた事実はシスメックスの技術力の高さを表していると言えるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしょうか。

海外売上8割で急成長をしながら、利益率は20%を超える超優良企業です。

平均年収も785万円となかなかのもの。

今回の記事もシスメックスを志望するなら知っておいて損はしない情報だと思います。少しでも「これ使えそう」と思ったら、どんどん取り入れてください。

ちなみに今回も情報はシスメックスHPのIR情報から拾っています。

シスメックスに限らず、各社HPにあるIR情報は就活生にとっては宝の山です。必読ですよ。

 

他にもたくさんあるよ!企業研究記事はこちら!

就活生にむけた、企業研究記事をどんどん増やしています!ぜひとも参考にしていってください!

企業研究記事一覧

>>就活生向け企業研究記事一覧はこちら!!

 

自己分析で困っているという人

企業分析はもちろん大事ですが、就活の軸はあくまで自己分析で作るものです。絶対に手抜きできません。まさに武装の基礎は自己分析にあり!です。

ということで、凡人が人気企業にチャレンジするために必要な自己分析のエッセンスを以下のエントリにまとめています。お困りの方はご覧下さい。

【逆転の就活戦略】自己分析編:凡人のちっぽけなネタでも調合すればバケモノ級の兵器になる

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



僕の駆け込み寺「プログリット」




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です