就活中の大学生にとって「転職サイト」は宝の山!絶対登録すべき4つの理由

スポンサーリンク




新卒の大学生なのに「転職サイト」に登録するのってなんで??って思いますよね。

リクナビだけじゃなくて、リクナビNEXTにも登録するってことでしょう?は?なんで?WHY?

こんな風に感じる人がほとんどだと思います。

でもキャリアについて死ぬ程考えている新卒の大学生だからこそ、転職サイトに登録しておいた方が絶対良いんです。

理由は転職サイトが新卒の大学生にとっても宝の山だからです。

「なにを言ってるんだ。転職じゃねーよ、おれが直面してるのはよー!」

分かってます。

でも転職サイトに登録しておくんです!

もちろん転職サイトを使って就活はできません。

でもキャリアを考える上でも内定を取る上でも、必ず役に立ちます。

転職サイトは新卒就活で使える情報満載なんです。

1. 転職サイトであなたの働く姿が見える

就活って超重要なイベントですよね?

ファーストキャリアをどこから始めるか。

この判断が、その後のあなたのキャリアを大きく左右します。これは言うまでもありません。

今のあなたはきっと、そのファーストキャリアをどこで踏むかを考えて考えて考えまくっているわけですよね。

その時に参考にしている情報がリクナビやマイナビだったりするわけですよ。

でも、これって会社のことをよく知らない大学生を「誘う」ための媒体なんです。

何が言いたいかと言うと、情報にバイアスが掛かりまくってるということです。

会社の人事が実務をまったく知らない大学生を誘惑するために、分かり易くて、耳障りの良いことを羅列しているのが新卒用の就職サイトということです。

この情報を鵜呑みにしても、実際にあなたがどんな実務の日々を過ごすのか、リアルには見えてきませんよね。

ここで転職サイトが役立つわけです。

転職サイトのターゲットはもちろん「転職したいビジネスパーソン」です。

実務をバリバリやってきた人に向けた情報ということです。

そんなバリバリのビジネスパーソンに甘い情報ばかり与えても、通用するはずがないんです。

だから転職サイトに載っている情報はリアルなんです。

実際の実務がイメージできるようになっているわけです。

これって新卒の大学生にとっても貴重な情報ですよね。

ある意味ネコをかぶった会社から発信される情報ではない、リアルな仕事がイメージできるということは、ミスマッチを予防するのに役立つはずなんです。

就活で重要なことは、どこまで具体的に働く姿がイメージできるかです。

ここがイメージできれば会社選びの精度はグッと増しますよね。

2. 転職サイトであなたの将来の価値が見える

転職サイトを見ると分かることがもう一つあります。

それは、「世の中の会社がどんな人材を求めているか」ということです。

これは「求める人材」の欄を見れば一目瞭然なんですが、

新卒用の就職サイトに載っている「求める人物像」って「積極的な人」とか「課題解決力がある人」とかしか書いていません。

これでは抽象的すぎてよく分からないんですよ。

でも転職サイトは違います。

転職サイトの「求める人材」はめちゃくちゃ具体的です。

新卒の採用はマスで採用して、それから各部署に割り振られます。

でも転職は新卒とは違ってピンポイントでの採用がほとんどなんです。

「新しく新興国の消費者向けのマーケティングを任せられる人材が欲しい」と言ったレベルの具体性です。

なので、求める人材も具体的なんですね。

たとえば、某巨大電機メーカーの経理の募集だとこんな事が書いてあります。

求めている人材 大卒以上 企業の経理・財務部門で5年以上の実務経験をお持ちの方

【具体的には】
一般事業会社(製造業・商社等)での経理経験や監査法人、
税理士法人で3年以上の実務経験がある方、
またはこれらに準ずるご経験をお持ちの方

◆PCスキル(ワード、エクセル、パワーポイント)をお持ちの方

【歓迎する経験・スキル】
◆TOEIC700点以上
◆財務会計業務(法定決算書、開示書類の作成)の経験
◆管理会計業務(原価計算、経営管理)の経験
◆日商簿記1級、公認会計士、米国公認会計士等の会計関連資格

【こんな方も活躍できます】
◆理系出身、または数字を扱う仕事が得意で、経理・財務や経営管理にキャリアチェンジしたい方

【求める人物像】
◆社内関係部署へのプレゼンテーション・調整・折衝力がある方
◆ファシリテーション力、論理的なコミュニケーション能力がある方
◆世の中の事象の「なぜ」を問う事ができる方

いかがでしょうか。

新卒就職サイトと違って書いてあることがかなり具体的ですよね。

これが転職サイトが役立つところなんです。

だいたい入社から何年で、「何が出来るようになるのか」、「何を出来るようなるべきか」がある程度イメージできますよね。

そして、将来あなたが転職市場でどの程度の価値で評価されるかが分かるわけです。

新卒就職サイトでをイメージするのは難しいです。

3. 転職サイトであなたの次のキャリアが見える

先ほどの続きにもなりますが、転職サイトに登録しておけば、次のキャリアパスまである程度見通せます。

自分が将来やりたい仕事を転職サイトで探せば、きっと複数ヒットします。

そこに書いてある「求める人材」をみれば、何が必要か分かりますよね。

新卒で会社を選ぶ時に、ファーストキャリアだけじゃなく、その先をも見据えることが出来るようになるわけです。

潰しの効く職種もあれば、潰しが効かない職種もあるのが分かるはずです。

4. 転職サイトであなたの自己PR・志望動機がもっと武装できる

転職サイトを使えば、会社で求められる能力・スキルがより具体的に分かるようになる、

というのは既に言いました。

これって新卒就活の自己PR・志望動機にもガッツリ活用できますよね。

新卒用就職サイトの求める人物像とは違う、リアルに必要となる具体的な素質や能力が分かっているのであれば、自己PRでそれを満たしていること、もしくは、満たすだけのポテンシャルがあることを証明すればいいんです。

それに、実務が他の就活生よりも見えていると、志望動機だって強化できます。

その会社にはどんな実務があって、どんな能力がコアになるのか、

これが転職サイトをみればある程度わかります。

そこを志望動機に織り込んで、「それがやりたいんだー」と言えば、こいつ良く分かってるなと思われるわけです。

それだけでも他の就活生とは一線を画した存在になれますよ。

まとめ

就活中の大学生は転職サイトにも登録しておくと便利です。

自分のキャリアを考える上で貴重な情報があるだけでなく、

会社選びの材料もあります。

そして何より、自己PRや志望動機の材料にもなり得るのです。

転職サイトをフル活用して就活を戦い抜いてください!

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



僕の駆け込み寺「プログリット」




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です