「TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7」の人気が凄い!口コミ・評判・使い方まとめ

スポンサーリンク




TOEICのパート7は多くの受験者を悩ませるパートですよね。

塗り絵が悔しくて、何とか長文読解力を改善させたい人も多いと思います。

そんな悩める受験者が書店やアマゾンで参考書を探すと真っ先に目に留まるのが「TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7」ではないでしょうか?

言わずと知れたヒロ前田さんの大人気シリーズ、究極のゼミですね。

今回は「TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7」の口コミ・評判をまとめました!

 

【あわせて読みたい】

パターン別の解法が理解できる!

Part7が終わらないという悩みが多いと思います。単純にPart7がどんな問題やどんな解法があるかを一通り知りたいという気持ちがあるならこの本かなと思います。

出典:とある組み込みエンジニアひとりごと

パート7の問題には明確なパターンが存在します。

本書はそれらのパターン別に解答方法や考え方、目の付け所を明快に解説してくれます。

なお、本書で取り上げられている設問パターンは以下の通りです。

  • ピンポイント型
  • 文脈型
  • 選択肢照合型
  • ピンポイントのNOT型
  • 選択肢照合のNOT型
  • 位置選択問題
  • 同義語問題
  • 意図問題
  • 不正解の見抜き方
  • パラフレーズ
  • 情報分散型
  • DPの2文書参照型
  • TPの2文書参照型
  • 定型パターンの文書

もちろんトリプルパッセージもカバーしています。

究極のゼミシリーズは対話式の解説で読者が理解し易いようにかなり工夫されているのも特徴です。

設問タイプ別の解答方法を本書で網羅的に身につけることはスコアアップに重要な役割を果たすでしょう。

問題演習は他の参考書でフォローすべき

僕の感想では、この本は「英語のリーディング力」を向上させる本というよりも、「TOEICで問題を解く」ということに焦点をあてた「TOEICテクニック本」という面で非常に優れた本だと思います。

出典:20代男に学ぶ、英語初心者が独学で短期間にTOEIC700点をとるための勉強法と教材

本書に収録されている問題は比較的簡単です。

そのため高得点を狙っている人にとっては演習問題が物足りないかもしれません。

その場合は別の参考書でフォローする必要があります。

あくまで、本書はTOEICパート7の解法のテクニックを知るための参考書としての位置づけで活用するのが良いでしょう。

読解力自体を強化するための本ではない

注意するところは、この本は問題の解き方のプロセスが書いてある本であって、読解力を基礎から学ぶ本ではないということです。そういった意味ではある程度の読解力があった方が、この参考書を進める際にスムーズに行きます。

出典:TOEIC高得点勉強法!おすすめ参考書【厳選まとめ】

究極のゼミ Part 7の良いところは、設問タイプ別でも解き方解説がされており、設問の聞き方別で長文のどこらへんを見れば回答を見つけやすいかというテクニックも紹介されています。これを知っているか知らないかは天と地の差です。ちなみに長文の問題の作られ方の基本は言い換えです。

出典:ふじっこブログ

本書はパート7の解法テクニックをパターン別に解説してくれています。

ここで注意なのは、長文読解力自体を鍛え直すことには向いていないという事です。

長文読解は文法や文構造の理解が必須です!

この点は、他の参考書を頼る必要があると考えておきましょう。

本書はあくまでパート7の解法パターンの身につけるための参考書、という位置づけであることをお忘れなきよう。

パターン別を網羅すればスムーズに解ける

Part7の参考書でサラリーマン特急とか出るとこ集中とか出始めていますが、圧倒的な分量と網羅度があります。この本をやりこむと問題と出会ったときに、あのタイプの問題かなと解き始めることができるようになります。

出典:とある組み込みエンジニアひとりごと

本書の網羅性は高く、本書で取り上げているパターン以外の問題はほとんど出題されないと思ってまず大丈夫でしょう。

本書をやり込めば、TOEIC本番で問題を見た瞬間に本書で学んだパターンが頭に浮かび、解答に要する時間も大きく短縮できます。

 一気に読み込んで問題演習に移行しよう

これをやりこんで一通り覚えたら、実際に公式問題集をやりこむことをしたほうがよいでしょう。
15章あるので2、3週あれば終わります。

出典:とある組み込みエンジニアひとりごと

本書は会話形式での解説ということもあり、かなり読みやすいので、一気に読み込んでしまうのが吉です。

注意点としては本書だけを繰り返しても、実際にTOEICで高得点を取るのは難しいと思います。

なぜなら本書は解法テクニックを学ぶ参考書だからです。たしかに問題演習はあるのですが、難易度が本番よりも簡単な印象です。

問題演習は他の参考書をやり込んだ方が良いでしょう。

本書で学んだ、解法パターンをイメージしながら他の参考書の問題が解けた時に成長を感じることが出来るはずです!

本書は基本的な文法知識を理解してから取り組む

文法については扱っていないので、長文を読むのに必要な文法知識(目安:高校レベル)を理解できていることが望ましいです。TOEICのスコア的には、リーディングスコア250~300点くらいあれば、使い始めても問題ないと思います。

出典:ゲーム実況者が本気で目指すTOEIC990点&英検1級物語。

本書は解法テクニックをパターン別に詳しく教えてくれますが、文法事項の細かい解説はありません。

テクニックを学ぶにも、そもそも英文が理解できなければ話になりませんよね・・。

したがって、本書に取り組む前に基本的な文法事項は理解しておく方が良いでしょう。

文法理解のレベルとしては、TOEICのリーディングパートで理解できない文構造が多発すると感じている人は時期尚早です。まず文法書を一冊片付けて、基礎固めに集中しましょう!

飛ばし読みは推奨していない

各設問の種類の答え方が解説されているため、パート7全体を対応することができます。

設問の種類によって、本文をどうやって読んでいけばいいのか、どの辺に注目して読み進めていけばいいのかが、詳しく解説されています!

飛ばし読みや虫食い読みに関してはこの参考書では否定的です。(これは私も同感です!)

出典:ゲーム実況者が本気で目指すTOEIC990点&英検1級物語。

この類の参考書は概してスキミングやスキャニングを推奨しがちです。

TOEICは問題量が多く、高速で解答していかないと間に合わないためです。

しかし本書は違います!全文読むスタイルを貫かれています。

最近のパート7は難化しており、飛ばし読みで解答できる程甘くないのが実情です。

また、飛ばし読みをするためには英文を普通に読めなくてはいけません。そもそも読めない英文を飛ばし読みなんて出来ませんよね。(・・;)

したがって、飛ばし読みは上級者の持てる技と位置づけて、初級中級の方は英文を頭から読み下す力を養成するのが先決です!

速読よりも精読が重要

私も共感します!TOEICは「問題量が多くて時間内に終わらない!」と頻繁に言われるので、ついつい速読術に注目が集まるのですが、本来速読は精読の延長線上にあるスキルです。

英文読解の高速化を目指すのであれば、まずは精読が必須。そのあと多読(音読)する。

これが鉄板の勉強法です。

たくさんの英文で精読→多読を繰り返せば、英文を読む速度がどんどん上がります。

塗り絵を卒業した人も

この問題集はPart7の模試が2回分付いています。1回分につき55分以内で解けるように頑張ったのですが、中々時間内に収まりませんでした。少し間をおいてもう一度チャレンジしたら何とか55分以内で解くことが出来ました。
実際の本番では、Readingセクションを初めて時間内に解くことができました。点数そのものよりも時間内に終了できたことが嬉しかったですね。今までは時間が足りなくてPart7のマークシート後半を適当に塗りつぶす屈辱作業を強いられていましたから・・・。

出典: 英語ニュースと英語学習のブログ

TOEIC最大の屈辱が・・・そう、塗り絵ですね。

誰だって隣の受験者に塗り絵している姿を見られるのは恥ずかしいですし、塗り絵なんてしなくないわけです`s(・’・;)

塗り絵を卒業するにはリーディングパートの解答を高速化する必要がありますが、リーディングパートの約半数54問がパート7なので、最も重要なパートと捉える必要があります。

本書をやり込めば、全出題パターンの解答テクニックを網羅的に身につけられるので、解答スピードを上げることに貢献するはずです。

塗り絵卒業目指してがんばりましょー!

正答率も上がる

一通り終えたので公式問題集のPart7をやってみたところ効果は歴然。
これまでアビメで長文は半分も取れていなかったのにかなり正答率が上がってました。繰り返せばもっと効果が出ると思うので、何週もすることにします。

出典:TOEIC勉強ブログ

解法テクニックが分かれば速さだけでなく、正答率も上がる。もちろん基礎的な文法理解は必須ですよ!

ただし、私は本書を繰り返しすぎないことも大事かと思います。

繰り返すのは本番レベルの長文問題がベストです!

まとめ

本書を使うべき人は:

  • パート7の出題形式を知りたい人
  • パート7に時間がかかりすぎる人
  • 解答力の改善を必要としている人

本書を見送るべき人は:

  • 基本的な文法が身に付いていない人
  • 読解力を改善させたい人(問題が簡単すぎるかと)

 

Keep enjoy! Keep English!

バイバイ!

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



ボクが英語力爆上げのために駆け込んだのはプログリットでした。卒業生としてオススメします。まずは無料面談だけどうぞ。ここまで科学的に弱点と対策をアドバイスしてくれる無料面談は他にないので。




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です