就活生は潰れない会社よりも、自分が潰れない会社を選ぶ視点を持った方が良い

スポンサーリンク




こんにちは!2009年内定切りになった、やまびこ(@YamabikoR)です。

 

就活中のあなた、これから就活だというあなた。会社選びって難しいですよね。

 

「ナビサイトから大量にDMが届くけど、なんか違う。」

「説明会に行くけど、なんか合ってない気がする。」

「いや、私、もしかしたら就職したくないのかも。」

 

こんな事をぼんやりと感じながら、「とりあえず、潰れない会社(大企業)にしとくか」という選択をされる人もいると思います。その発想が悪いとは一切思いません。

 

でもね、もっと重要なことがあるよ!ってことを、あなたに伝えたい。それは「自分が潰れない会社」を選ぶことです。ハウツーサイトのnanapiを世に放った、けんすうさん(@kensuu)が、このように言っています。

 

 

会社が潰れて路頭に迷う人より、職場環境や仕事内容が嫌で辞める人の方が多い。

あくまで感覚値とのことですが、これにはボクも同意見。

 

潰れない会社を探すのは難しいぞ

そもそも、会社が潰れないかどうかってどうやって評価するの??って思うんですよね。これかなり難しいと思います。

 

決算書とか見て、業績が良いとか悪いとか見ますか?決算資料見るのは絶対オススメなんですが、潰れるかどうかという目線で見るのは、あまりコスパが良くない。だって、数字見ても潰れるかどうかなんてよく分かんない。

「いやいや、決算書を見て、売上が成長してる会社は潰れないでしょ」と思ったあなた。ちょっと待ってください。ここに、衝撃的なデータがあります。

 

出典:https://gentosha-go.com/articles/-/9029

 

東京商工リサーチによると、調査対象の2015年の倒産企業565社のうち、43%の会社が増収もしくは売上を維持していたというのです。

 

決算書を見て、売上が伸びていても、潰れる会社はあるんですね。そして、極めつけはコレ。

 

出典:https://gentosha-go.com/articles/-/9029

 

倒産した会社のうち、54%の会社は利益も黒字だったんです。いわゆる黒字倒産です。

売上が伸びていても、潰れる。利益が出ていても潰れる。決算書を表面的に見るだけでは会社が倒産するか否かを判断するのは困難なんですね。

 

自分が潰れない会社を探そう

会社が潰れないかよりも、自分が潰れないか、の方がよほど重要ですよ。けんすうさんも言っている通り、仕事内容や職場環境が原因で辞める人の方が多いんです(裏取りはしてない!体感値!)。

 

ここで重要なのは、仕事内容や職場環境で不満を持つって、相当な精神的苦痛の日々を送っているということなんです。中には鬱になる人だってたくさんいます。これは厄介です。

 

というのも、仮に会社が潰れたとしても、あなた自身が潰れていなければ、いくらでも再起可能です。でも、会社じゃなくて、あなたが潰れたら・・・これはなかなか再起できませんよね。だから、自分が潰れないかの視点が重要なんです。

 

じゃあ一体どうやって見極めればいいのか。ボクはこう考えます。

 

あなたが、どんな生活を送りたいか、どんな生活が嫌なのか。これを要素ごとにハッキリと言語化すること。その上で、その要素を満たしているか否か、という視点で会社を眺めてみることです。

 

決算資料を活用しよう

じゃあ、一体どうやって潰れない会社を見極めればいいのか?コツを2つ紹介します。一つ目は決算説明資料。

あなたの望みがはっきりした上で、決算説明資料はかなり有益な情報源となります!決算資料というと数字の羅列でアレルギー反応を示す人もいると思いますが、実はそうでもないのでご安心頂きたい!

例としてデンソーの決算説明資料をいくつか抜粋してみる。

 

 

 

 

出典:デンソーホームページ(IR情報)

どうでしょう。数字だけじゃないですよね。全社の動きが良く分かる資料だと思いませんか。これを熟読すれば、少しずつ自分が働く姿がイメージできるようになります。

これが、自分が潰れない会社を見極めるコツ、その1です。

 

先輩社員をよく見よう

もう一つコツがあります。会社説明会などで先輩社員と話す機会があります。この機会を最大限活用することです。先輩社員があなたの将来の姿だと思ったとき、その姿に魅力を感じるかをよーく見ると良いです。

 

オススメは、その人の社内でのキャリアパスを見ることです。ずーっと単一の職種で年を重ねているか、各人各様で職種に拡がりを感じるか。これはかなり重要な情報です。どっちが良いかはあなたの好みです。

 

もう一つ有用なのは、仕事の現場で問われる資質や能力について聞いてみること。現場の最前線に先輩社員だからこそ、この情報は生々しいでしょう。自分がその仕事をやる姿をイメージしやすくなりますよ。

 

さいごに

会社選びはなかなか難しいものです。でも、これだけは忘れないで欲しい。

 

自分のことを第一優先で考えること。

 

就活は、あなたの人生の選択です。主人公は間違いなくあなたです。

 

 

やまびこでした。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



ボクが英語力爆上げのために駆け込んだのはプログリットでした。卒業生としてオススメします。まずは無料面談だけどうぞ。ここまで科学的に弱点と対策をアドバイスしてくれる無料面談は他にないので。




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です