就職優良企業ランク291位!旭硝子(AGC)を就活生のために分析研究してみた

スポンサーリンク




こんにちは!就活への当事者意識異常を引き起こしている、やまびこ(@YamabikoR)です。

 

以下の記事で「結局、就職する上で優良な企業ってどこやねん!?」という問いに対して、私なりに1つの答えを出しました。

 

その答えが以下で示したランキングです。

 

「就職優良企業=高収益×高年収」と考えた時、一体どの会社が優良と言えるのかを示したランキングです。

まだ見てない人は以下の記事を見てみてくださいね。

 

上場企業売上高トップ1000を対象に優良企業ランキングをずらららーっと示しています!

【保存版】結局どこが就職優良企業やねん?上場企業上位1000社を独自に就職優良ランキングにしてみた!

就活生は会社選びの材料の一つとして使えるので必見ですよ。

はい、ここ↑までテンプレです

 

さて、今回は、旭硝子を見ていきます。ボクの作ったランキングでは291位にランクインしていますが、果たして、あなたにとって魅力ある会社と映るでしょうか。

それではいきましょう!

関連記事:就職優良企業ランク353位!日本板硝子を就活生のために分析研究してみた

旭硝子は2つの事業が売上好調

まずはじめに、旭硝子全体の業績トレンドを見てみましょうか。

 

 

Net salesが売上です。2013年度以降、停滞していた売上が2017年度にグッと回復しているのが分かりますね。前期2016年度と比べると、実に+14%もの伸長です。

 

何やら売上成長の兆しが見えているということが分かりました。じゃあ、いったいどのビジネスが成長を牽引しているのかが気になるところですね。

ということで、売上を事業セグメント別にブレイクダウンしてみます。

それがこちら。

 

 

まず、事業セグメントは主に3つということが分かります。

  • ガラス(Glass Operations)
  • 電子(Electronics Operations)
  • 化学品(Chemicals Operations)

 

この3つですね。

 

この中でもっとも顕著に成長しているのは化学品セグメントです。対前年で+38%の大幅伸長を遂げています。

ちなみに、売上規模だけを見れば、ガラスセグメントがダントツで主力ですし、こちらも対前年で+8%伸長しています。

 

ここまでの情報で、重要なことは2つです。

  • 今の旭硝子の成長を牽引しているのは”化学品セグメント”だということ
  • 最大の売上を生み出すのは”ガラスセグメント”だということ

 

ガラスセグメントは利幅が小さい

それでは各セグメント毎の状況を見ていきます。

まずは最も売り上げが大きいガラスセグメントから。

こちらをご覧下さい。

 

 

ボクがこのスライドで最も伝えたいことは、利益率の低さです。7,351億円もの売上から得られる利益が、たったの271億円。率にして、わずか3.7%しかありません。

これ、効率が悪いですよね。

ガラスセグメントは売上こそ最大ですが、利益貢献という視点で見れば、他の事業に劣っているということです。

この点は、旭硝子全社としても課題として認識していると思います。

 

ちなみに、ガラスの今後の見通しをみると、売上自体は成長する見込みのようです。

 

このセグメントを見てボクが思うのは、

売上がデカいのは分かった。今後も拡大基調であることも分かった。

じゃあ、利益率の改善のために、なにをするの?

この点が知りたいぞ、ということです。

具体的な取り組みはきっとあります。

 

化学品セグメントは高利益率

一方で、化学品セグメントは他の事業と比べても圧倒的な利益率を誇っています。

 

 

売上4,376億円に対して、利益が637億円!率にしてなんと14.6%です。凄いですね。

最大の利益貢献はこの化学品セグメントが担っているのです。

そのためこの事業は最も大切な事業。全社の業績の命運を握っているのは、実は”化学品セグメント”なのです!化学品の利益率が飛び抜けて高い理由は聞いてみる価値ありですね。

 

ちなみに、化学品についてのコメントにも書いてますね。

「4年連続で過去最高益を達成」しているんですよ。間違いなく、いま最も成長しているセグメントです。

東南アジア市場が成長を牽引していると言っているので、アジア担当のマーケティング部隊の仕事には勢いがあるでしょうね。

 

電子セグメントだって利益率高いぞ

どうしても注目度が低くなってしまいがちですが、電子セグメントも忘れちゃいけません。

 

電子は売上こそ2,624億円と他のセグメントに比して小さいですが、利益額は273億円もあります。利益貢献はガラスを抜いて2番目なんです。

 

電子セグメントでは現在、液晶用のガラス基盤のコストダウン活動に注力しています。

 

液晶用ガラス基板は販売価格の下落が続いているようで、このままでは利益が取れなくなるということで、コストダウンに注力しているようです。

そして、今回、その効果が数字に表れてきた状態ですね。

 

それともうひとつ。

電子部材のオプトエレクトロニクス用部材や半導体関連商品の販売が好調のようです。

これらが今の電子セグメントの成長を支えています。

 

さいごに伝えたい事

いかがでしょうか。

今回、調べていて思ったのですが、旭硝子は投資家向けに開示している情報が薄い!その結果、内情が見えにくいところも結構あるな、という印象です。

是非、就活中のあなたは、説明会などに足を運んで、自分の目でしっかりと見てきてくださいね。

そして、その際は、

事前に、ここまでで紹介したような決算資料を見ておくと良いです。

ガラスセグメントが目立つけど、実は全然、利益貢献できていない!という事実なんかを知った状態で、説明会の話を聞くと、他の就活生とは全く違った視点で情報を処理できるようになるはずです。

説明会で聞く話の解像度が上がれば、湧き出てくる質問は間違いなく鋭くなります。

 

 

以上、やまびこ(@YamabikoR)でした。

 

添付した情報はすべて、旭硝子のホームページからの出典、および参考です。

【旭硝子IR情報】http://www.agc.com/ir/

 

他にもたくさんあるよ!企業研究記事はこちら!

就活生にむけた、企業研究記事をどんどん増やしています!ぜひとも参考にしていってください!

企業研究記事一覧

>>就活生向け企業研究記事一覧はこちら!!

 

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



僕の駆け込み寺「プログリット」




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です