英語力増強!私がトライズでもプレゼンスでもなく「プログリット」を受講した理由

why progrit

スポンサーリンク




こんにちは!やまびこです。

先日、突然ベルギー赴任が決まり、英語力の増強を余儀なくされました!

関連記事:【海外赴任決定!】ベルギーへ赴任することになりました

 

もともと、英語偏差値31、TOEIC370というとてつもなく低いレベルから英語学習を開始し、なんとかヨーロッパ赴任を勝ち取るレベルにまで英語力を改善させたわけですが・・・

いざ赴任!となるとやっぱり語学力の心配はあるんですよね。。

ということで、このたび私は赴任までの4か月という期間を使って英語力を増強するため、 コーチングスクールのプログリット を受講したので、これから数回に渡り、感想を赤裸々に書き残していきたいと思っています。

まず、今回は私が何故プログリットを選んだのか?という話。

なぜプログリットか?

まず、数ある英語スクールの中からなぜプログリットを選択したのか?という話をしておきます。今後、英語スクールを選ぶときの参考にして貰えれば幸いです。

 

英会話スクール vs コーチングスクール

英語スクールと言えば、真っ先に思い浮かぶのは「英会話スクール」ではないでしょうか?

英会話スクールは大抵、週一回学校に通って、2時間ほどネイティブ講師とトークするという流れですよね。でも、これじゃ英語力は伸びないと体感値として分かっていました。

なぜか?週に2時間程度のレッスンでは 圧倒的にトレーニングの量が少ない からです。

TOEIC370レベルから、仕事で英語を使えるまでトレーニングを続けた経験上、英語学習で重要なのは日々の鍛錬にあると言い切れます。スクールに通うその日だけでなく、それ以外の日々をどう過ごすかが鍵だということです。

関連記事:実証済!絶対TOEIC800取れると断言できる勉強法をとことん具体的に語る

 

問題は、 日々の鍛錬を「具体的に」どのように進めていけば英語力が向上するのか? この一点にあります。逆に言えば、ここさえ抑えれば、あとはやるかやらないかだけの話だということです。

このように考えたとき、英会話スクールよりもコーチングスクールの方がきっと効果的であろうと思えたわけです。

コーチングスクールは実際のレッスンではなく、日々の学習をすべてまるっとコーディネートしてくれます。朝起きてから、出社・通学し、帰宅して、就寝するまでの時間をフルに使って「日々のやるべき事」を超具体的に提示してくれるわけですね。

「四の五の言わずに毎日、これらのタスクをこなせ!そうすれば勝手に英語力は伸びるから!」こんなスタンスです。

英語学習で重要なことは、今の学習方法を信じて鍛錬を続けることにあります。

「これ、効果あるのかなぁ?」と考え始めると、トレーニングに身が入りませんし、教材をつまみ食いして結局、英語力が向上しないという悪循環にハマってしまうリスクもあります。

コーチングスクールはこの点を「完全に」払拭してくれる存在でもあるのです。

 

プログリット vs プレゼンス vs トライズ

コーチングスクールと言っても、複数のサービスが存在します。なかでもメジャーなのがプログリット、プレゼンス、トライズです。

 

トライズ(ミスマッチ)

まず、トライズは1年間の長期プログラムしか提供していないため、ベルギー赴任まで4か月しか残されていない私にとってミスマッチでした。

しかし、プログラムの内容自体はかなり魅力的で、どのコーチングスクールよりもきめ細かくフォローしてくれる印象を持っています。実際、トライズは週2回という頻度で受講者との面談があります。

他のコーチングスクールでは基本的に週1回の面談しかないことを考えると、トライズは高頻度で学習内容を微調整してくれる点で優れていると思います。

 

プレゼンス(ミスマッチ)

次にプレゼンスですが、ここは、英語コーチングスクールの先駆けとして有名です。プログラムの期間は2か月とかなり短期間で、この点が私にとっては「短すぎる」という感覚でした。

プレゼンスの最大の特徴は10人〜15人のクラス制でプログラムが進む点にあります。狙いは受講者同士での「切磋琢磨」です。

一週間分の大量のタスクが課されて、週一回の通学ではその習得度合いをクラスメンバーの前で公表するため、「日々の学習をサボってしまうと恥をかく」という強制力が働くのが特徴です。

ただし、クラスで運営するが故に、毎週かならず「決まった時間」に学校に通う必要があります。仕事が忙しい私にとっては、スケジュールの柔軟性はかなり重要な要素だったこともあり、プレゼンスは見送りました。

 

プログリット(採用!)

最後にプログリットです。ここはプログラムの期間が3ヶ月と私にとっては丁度良い感じでした。

プログリットの特徴はなんと言っても「科学的アプローチ」にあります。受講者一人一人が陥っている課題を、事前の実力測定で整理したうえで、その人にフィットしたタスクを設定してくれます。

またその際、 「なぜ、今の自分にとってこのトレーニングが必要なのか?」 を論理的に説明してもらえるため、迷いなくトレーニングに没頭できます。

面談は週一回で、仕事などで都合が悪い場合でも、テレビ電話で対応してもらえるため柔軟性もかなり高く、私にとってはベストマッチでした。

 

まとめ

週一で英会話スクールに通うだけでは英語力は決して伸びません。何よりも重要なのは日々の鍛錬であり、ここを強力にサポートしてくれるのがコーチングスクールです。

本気で英語力を改善させたいという人は、是非ともコーチングスクールも検討してみてください。

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



僕の駆け込み寺「プログリット」




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です