【就職企業研究】ソニーとパナソニックを業績から比較する

panasonic or sony

スポンサーリンク




ソニーとパナソニックのどちらに就職した方が良いですか?

この質問がネットに落ちていたので、勝手に両社を業績の面から比較してみようと思います。

 

関連記事:就職優良企業ランク308位!ソニーを就活生のために分析研究してみた

関連記事:就職優良企業ランク444位!パナソニックを就活生のために分析研究してみた

 

営業利益のトレンドで明暗

ソニーパナソニック利益推移

上記グラフは、ソニーとパナソニックの営業利益のトレンドです。

2017年度以降、ソニーが大きく営業利益を伸ばしたことで、完全に明暗を分けた格好になっています。

 

ソニーは2011年度を赤字で終えてから、じわじわと利益改善をしてきており、2017年度に完全にブレイクスルーしたのです。

 

では、ソニーに何があったのか?

 

先に結論から言うと、ソニーの急成長を支えたのは『PlayStation4の成功』です。

【留意点】
パナソニックは2015年度に減益しているように見えますが、これは会計ルールを国際会計基準に変更したことによる影響で、実質的には2011年度以降は右肩上がりの営業利益トレンドと見てください。ただし、この会計ルール変更による影響を除いたとしても、ソニーの急成長はキャッチアップできていません。

 

営業利益率に見るパナソニックの堅実さ

ソニーとパナソニックの営業利益率推移

今度は、売上高に占める営業利益の割合(営業利益率)を見てみます。

やはり、ソニーが2017年度から急速に改善しているのが目立ちます。

ただ、パナソニックも堅調に利益率を改善させているんですよね。

 

ソニーとの比較で見ると、どうしてもパナソニックの業績は見劣りしてしまうのですが、今や両社は直接的な競合ではなくなってきているという事実も勘案すべきでしょう。

 

事業ポートフォリオの違い

かつて、ソニーとパナソニックは家電領域で真っ向勝負していましたが、今の両社は進もうとしている方向が大きく異なってきています。

 

ソニーの事業ポートフォリオ

ソニー事業別売上構成比の変化

 

こちらは、ソニーの事業別の売上割合を示したチャートです。

2010年度は62%もあった家電系(ブルー部分)が、2018年度には27%にまで割合が縮小しています。

 

近年のソニーの業績をドライブしているのは、いわゆる『家電』ではなく、PS4のゲーム事業やソニーミュージックに代表される音楽事業になっているんですよね。

 

ソニーのスローガン

『テクノロジーに裏打ちされたクリエイティブエンタテインメントカンパニー』を標榜するソニー

 

パナソニックの事業ポートフォリオ

パナソニックのセグメント別売上構成比

こちらは、パナソニックの事業別売上高の構成比を示したものです。

ソニーと異なり、2018年度時点でも家電事業(アプライアンス)が大きな割合を占めているのが分かります。

 

パナソニック社長はアニュアルレポートの中で、『2030年をターゲットに「くらしアップデート」の会社を目指す』と宣言しています。

 

クリエイティブエンタテインメントカンパニーを掲げ、ゲームや音楽、映画ビジネスに進むソニーと、人々の「くらし」に注目し、電気製品で直接的・間接的に価値提供をもくろむパナソニック。

 

今や、まったく異なる会社です。

 

ソニーの事業別利益率

2017年度にブレイクスルーを果たしたソニーを支えているのはPS4と言いました。

 

以下は、ソニーの事業別の利益率です。

(億円) 売上 営業利益 営業利益率
ゲーム&ネットワークサービス 23,109 3,111 13.5%
音楽 8,075 2,325 28.8%
映画 9,869 546 5.5%
エレクトロニクスプロダクツ&ソリューション 23,206 765 3.3%
半導体 8,793 1,439 16.4%
金融 12,825 1,615 12.6%
その他 -858 #DIV/0!

 

最上段のゲーム&ネットワークサービスがPS4の属するセグメントなのですが、売上が大きいだけでなく、利益率も13.5%もあります。

 

一方、家電(エレクトロニクスプロダクツ&ソリューション)の利益率はたったの3.3%です。

 

ちなみに、パナソニックの家電事業も2019年度見通しベースで2.7%しかなく、家電事業の厳しさが分かります。

 

PlayStation4の誕生秘話

ps4トレンド

実は、ソニーはコーポレートレポートの中でPS3は予想以上に初期投資がふくらみ、業績は厳しいものになったと公言しています。

 

上のグラフはゲーム&ネットワークサービスの売上推移を示しています。

2006年11月にPS3を発売したにもかかわらず、売上が大きく伸びることはなく、翌々年からは売上が低下しています。

 

結果的にはこのPS3からの学びをPS4の開発に活かして、大成功を収めたわけですが、この秘話は読む価値ありなので、ご自身でコーポレートレポートを見てみてください。

 

まとめ

ソニーとパナソニックを業績面で比較すると、PS4に成功したソニーに軍配があがります。

ただし、両社はいまや、同じ土俵で競合しているとは言えない点には留意しないといけません。

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



ボクが英語力爆上げのために駆け込んだのはプログリットでした。卒業生としてオススメします。まずは無料面談だけどうぞ。ここまで科学的に弱点と対策をアドバイスしてくれる無料面談は他にないので。




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です