プログリットで実践したシャドーイングの方法と教材【リスニング】

プログリットのシャドーイング

スポンサーリンク




こんにちは、欧州サラリーマンのyamabikoです。

欧州に赴任する直前、英語コーチングスクールのPROGRIT(プログリット)で2ヵ月のスパルタトレーニングを受けました。

これから、 プログリットの2ヵ月間でどんなトレーニングを積んだのか を共有していきます。コーチングスクールに行くか迷っている方にとっては、参考になるはずですよ。

まずこの記事では、プログリットで実践したシャドーイングの内容にフォーカスして共有していきます。

 

私の弱点(診断結果)

プログリットではリスニングを「音声知覚」と「意味理解」の2つのステップに分けて考えていきます。

音声知覚:英語の音声を聞いてどのような単語なのか知覚・認識するステップ

意味理解:知覚した単語が、文章の内容としてどのような意味なのかを理解するステップ

音声知覚というのは、たとえば「エポオ」と聞いて「Apple」と知覚する能力です。

これは単純なケースですが、他にも「カインダ」と聞いて「kind of」と分かる力であり、「オンナーウェイホーム」と聞いて「on her way home」と分かる力でもあるんですよね。

この音声知覚ができてはじめて、意味理解のステップに入れます。

「オンナーウェイホーム」と聞いて「on her way home」と分かったら、次は「帰宅途中」という意味を捉えなくてはいけないわけですね。

で、、私のウィークポイントなのですが、 意識の95%が音声知覚に向いていて、意味理解が出来ていない というのが診断結果でした。

正直、思い当たる節ありまくりでしたね。

音を聞き取ることに必死なので、話の内容がまったく入ってこないんですよね。

そこで提案されたのが、シャドーイングでした。

 

シャドーイングの方法

さて、私がプログリットで実践したシャドーイングには以下の2種類があります。

  1. プロソディシャドーイング
  2. コンテンツシャドーイング

それぞれ簡単に説明しておきます。

 

プロソディシャドーイング

これは意味理解には意識を向けず、 音を拾って発声することだけに集中するシャドーイング です。

あくまで、聞こえた音をそのまま正確に発声するトレーニングなので、内容理解はそっちのけです。

こう聞くと、「それ意味があるのか?」と思われるかもしれません。

しかし、プロソディシャドーイングは音声知覚をスムーズに行う上で最適なトレーニングになります。

その理由は、なぜ意識の95%が音声知覚に占領されているかを考えると分かります。

私の場合は、音の連結(リンキング)や消失(リダクション)など、音の変化について行けないのが理由でした。

つまり、「文字で見れば分かる英語なのに、音声で聞くと分からない・・」という状態だったわけです。

この場合、意味理解力を鍛える前に、音の変化に対応しながらスムーズに音声を「知覚」するトレーニングが必要なんですよね。

ということで、はじめの5週間をプロソディシャドーイングに費やしました。

 

②コンテンツシャドーイング

晴れて音声知覚ができるようになってきたら、コンテンツシャドーイングに入っていきます。

コンテンツシャドーイングとは、 意味理解をして内容をイメージしながら行うシャドーイング です。

音を真似るだけのプロソディシャドーイングと比べると、難易度は格段に上がります

正直、かなりの負荷がかかるので心が折れそうになりましたが、コンサルタントの手厚いサポートのおかげでやり抜くことが出来ました。

ちなみに、私がコンテンツシャドーイングを行ったのは後半の3週間です。

 

教材はTED動画

プログリットで使用するシャドーイングの題材はすべてTED動画でした。

コンサルタントが受講者のレベルに応じた動画をチョイスしてくれるので、それをひたすらシャドーイングしまくることになります。

受講者のレベルによって動画のチョイスは変わりますが、私が実際に使用した動画を以下に列挙するので、試しにシャドーイングにトライしてみてください。

プログリットのトレーニングの雰囲気が掴めると思います。

 

①Grit: The power of passion and perseverance(成功のカギは、やり抜く力)

これは「GRIT やり抜く力」というベストセラーの著者による有名なプレゼンテーションです。

彼女は、一流になるにはIQや才能ではなく「やり抜く力」が重要だと主張します。英語学習者にとってはかなり元気をもらえるプレゼンなのは嬉しいですよね。英語は割と聞きやすい方だと思いますが、私はこれすらほとんど聞き取れない状態からスタートしました・・。【プロソディシャドーイング】

 

②Try something new for 30 days(マット・カッツの30日間チャレンジ)

これはグーグルのエンジニアによる3分20秒の短いプレゼンです。ずっとしたいと思っていたことなのに、できていないことってありますよね?そんなときは、試しに30日間だけトライしてみれば?というシンプルな主張です。この英語はGRITより聞き取りやすいので、初心者にも適した題材です。【プロソディシャドーイング】

 

③The surprising habits of original thinkers(独創的な人の驚くべき習慣)

組織心理学者が、独創的な人とはどんな人か?を解説するプレゼンです。スピード感が問われると思いきや、創造性に富む人は「先延ばし常習犯」であるという主張をします。かなり興味深いプレゼンですが、シャドーイングの題材としては、やや難しかったです。【プロソディシャドーイング】

 

④How the blockchain will radically transform the economy(ブロックチェーンが経済にもたらす劇的な変化とは)

唯一、コンテンツシャドーイングで使用した動画です。難解なブロックチェーンを噛み砕いて話してくれるのですが、正直内容が難しいです。音声知覚が出来ても、意味理解が出来ずかなり苦労しました。これだけは、別の動画でトレーニングをした方が良かったかも、、と思っています。【コンテンツシャドーイング】

 

プログリット流シャドーイングの進め方

プログリットで実施したシャドーイングは、結構ストイックなものでした。

大まかな進め方ですが、まず、TED動画一本を通しでシャドーイングすることはありません。

動画を40秒〜60秒くらいずつ区切って、その区切りごとに数日かけてトレーニングします。

具体的な進め方は以下のとおりです。

・音声を聞いて内容理解(1回)
※たぶん聞き取れないので、焦らず。

・オーバーラッピング(5回)
※スクリプトを見ながらシャドーイング。音の変化を完璧に捉える。

・シャドーイング(50回)

・音声録音、LINEでコンサルタントに送付

これが1日の分量です。時間にして約1時間です。

いかがでしょうか?なかにはびっくりした人もいるかもしれません。

シャドーイング50回ってちょっと常軌を逸してますよね。

でも、これを毎日やると、この分量が丁度良いのが体感できるはずです。

これは正直、やった人しか分からないところだと思います。

ちなみに、私は早朝出社してオフィスの会議室にこもってシャドーイングをしていました。

 

コンサルタントへの報告とフィードバック

プログリットでは毎日シャドーイングの音声をコンサルタントに報告します。

基本的にやりとりは全てLINEでおこなうので、音声もLINEで送付します。

私の場合は、ラップトップでTEDを流しながら、スマホ片手に録音していました。

コンサルタントに音声を送ったら、基本的に即日フィードバックが戻ってきます。

プログリットのコンサルタントとのメール

実際のコンサルタントからのメールです

こんな感じで、コンサルタントから細かいフィードバックが返ってくるので、かならず指摘されたポイントを意識して翌日のトレーニングを実施するようにします。

これを繰り返して、コンサルタントからOKを貰えたら、次のパートに進んで同じプロセスをふむことになります。

以上がプログリットのシャドーイングの解説になります。

 

無料カウンセリングは「とりあえず受診」でOK

ここまで、シャドーイングにフォーカスしてプログリットを解説してきましたが、価格は決して安くありませんよね。

2ヵ月コース:328,000円

3ヵ月コース:468,000円

このとおり、わりと大金なので、無料カウンセリングを受けてみて、自分に合うか判断してみてください。(ちなみに、強引な勧誘とかは一切なかったので、その点は心配ないです。)

プログリットのカウンセリングでは、 英語力診断+学習方法の説明+個別カリキュラム作成 をすべて無料かつマンツーマンでやってくれます。

控えめに言って、この無料カウンセリングは利用しない理由を探す方が難しいくらいのサービスです。

なので、英語学習中の人(特に伸び悩んでいる方)は、とりあえず無料カウンセリングを利用して、自分の勉強法を再点検することをオススメします。

無料カウンセリング▷【PROGRIT】

・・・・・・・

以下、関連記事です。

プログリットで実践した瞬間口頭英作文の方法・教材【スピーキング】

プログリットで実践した瞬間口頭英作文の方法・教材【スピーキング】

プログリットは瞬間口頭英作文にも力を入れています。この記事では、私がプログリットの2ヵ月間で取り組んだ教材からトレーニング方法までを解説しています。

 

プログリットで実践した速読&多読の方法・教材【リーディング】

プログリットで実践した速読&多読の方法・教材【リーディング】

プログリットで実施した速読&多読について解説しています。市販の教材だけでなく秀逸な英語アプリまで使用しました。ちなみに、速読ってリーディングのためのトレーニングと思われがちですが、実はリスニングの意味理解のトレーニングにもなるんですよ。

 

プログリットで実践したオンライン英会話の活用法【ネイティブキャンプ】

プログリットで実践したオンライン英会話の活用法【ネイティブキャンプ】

プログリットではオンライン英会話も活用しました。

瞬間英作文やシャドーイングなど、トレーニングの成果をオンライン英会話で出し切りましょう。

 

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




就活で企業の決算資料を武器にしたいなら【グロービス学び放題】がホントに手っ取り早いです




初めは無料で使えます。無料期間にサクッと学んでしまえばコスパ最強なんです。



僕の駆け込み寺「プログリット」




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、伸びない理由を徹底的に分析してもらう必要があります。プログリットは一人一人の弱点を徹底的に分析し、最善策を提案してくれます。「ここまでやって伸びないわけがない」と思える程のサービスなので是非無料カウンセリングを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です