プログリットは効果がないと後悔する人の特徴

スポンサーリンク




海外赴任を命じられた後、私はプログリットに飛び込みました。

あの頃は英語に自信が無かったので、赴任までの約3ヵ月間を英語強化にフルコミットしようと考えたわけです。

これまでの経験から、楽して英語は身に付かない、結局は自力でトレーニングし倒すことでしか英語力は改善しない、ということは分かっていたので、コーチングスクールで鍛え上げようという魂胆でした。

結果、総じてプログリットには満足しています。

何が良かったかと言えば、ずばり、理論的な背景を踏まえ、納得感のあるトレーニングの道筋を立ててくれるところです。

英語学習で何より大事なのは「いかに信じてやりきるか」です。この点、プログリットがくれた「納得感」は、よそ見しがちな私をトレーニングにフォーカスさせてくれたし、卒業後のトレーニング方針の基盤も築いてくれました。

・・・

でも、なかにはプログリットで効果が得られなかったという声もあるようなので、コーチングで効果が出ない人の特徴を4つ挙げてみます。

これからプログリット利用を考えている方は、一度足を止めて読んでみてください。

 

ボキャブラリーが欠落している

まず、そもそも基礎的なボキャブラリーが欠如しているパターン。

このパターンに当てはまる人は、日常会話またはTOEICレベルの単語で手こずっているので、基礎的なボキャビルをしないといけません。

英文は単語の組み合わせなので、基本単語すらままならない人にボキャビルが必要なのは議論の余地はないですよね。

ここで注意が必要なのは、ボキャビルは英語力に直結しないという点なんですよね。

どういうことか。

簡単な話です。単語だけ知っていても英語は話せないからです。

英語を話すには、文法を駆使して単語を組み合わせるスキルが必要なわけです。なので、語彙力強化というタスクをコーチングで取り組むだけでは表現力はなかなか広がりません。

つまり、英語力改善を実感するレベルに至らないわけですね。

語彙力はいわば「伸びしろ」を作る作業なので、英語力改善には必須のタスクとは言え、それだけで英語力に直結するわけではないと思います。

 

文法が定着していない

中学レベルの文法が定着していないパターンも考えられます。これも基本的なロジックはボキャブラリー欠如と同じです。

繰り返しになりますが、英語を話すためには、単語を文法というルールの上で組み合わせる必要があります。

つまり、語彙力と同様に、文法の理解もあくまで「伸びしろ」を作る作業にすぎないなわけです。

そのため、コーチングを受けて、文法理解が必要と判定された場合は、英語力として実感するレベルにはなかなか至らないのだと思います。

ただし、語彙力と同じで、文法も必須要素なので、英語力を本気で伸ばしたいのであれば避けて通れない道と思った方が良いでしょう。

英語学習は本当に急がば回れの世界です。

「コーチングを受けたけど英語が話せない」という人も確実に成長しているはずです。結果が表面化する臨界点に至っていないだけだと思います。

 

繰り返しが甘い

基本的にコーチングスクールのタスクは負荷がかかるものなので、言われるがままトレーニングに没頭すれば英語力は向上するはずですが、「30回繰り返せ」と言われたところを15回しか実行しなかった、というケースもあると思います。

英語学習のキモは繰り返しです。「30回やれ」と言われたら30回以上やらないとダメですね。

たしかにシャドーイングや瞬間口頭英作文は10回もやれば飽きがきます。でも、ここを踏ん張って30回やり切れば、英文が口に収まる感覚を味わえます。

文法を知っているだけでは意味はありません。瞬間的に「運用」できて始めて英語が話せると言えるわけです。そうなるためには「とことん繰り返し」が必要です。

コーチに30回と言われたところを10回で済ますのは絶対NGなのです。

 

丸暗記に頼っている

例えば、瞬間口頭英作文をするとき、回数を重ねるとどうしても英文を暗記してしまいます。暗記に意味が無いとは思いませんが、自力で英語を「組み立てる」トレーニングにはなりません。

基本的に例文の丸暗記は潰しが効きません。覚えた例文を実践の場で忘れていたらアウトです、なにも言えないのです。

一方、自力で英語を「組み立てる」トレーニングを積んでおけば、仮に表現を知らなくても、いくらでも別の表現で迂回して英語を表現できます。

英文の丸暗記はトレーニングの効果を減退させるのでやめた方がいいです。

 

言われたことをやれば良い

結局、コーチングスクールで後悔したくなければ、言われたことを信じて「忠実に」やりきるしかありません。そのため、もしコーチの指示が信用できないようなら、そのコーチングスクールはやめた方が良いです。

自分で納得できないトレーニングはどうしても身が入りません。やってる途中に「これ本当に効果あるのか・・?」なんて思っていては集中できないし、精神衛生上も良くないですからね。

その点、私が利用したプログリットはカリキュラムに「納得感」がありました。

非ネイティブの成人が英語を取得するプロセスを科学的に捉え、受講者の課題に応じたカリキュラムを組んでくれるのがポイントですね。

しかも、このオリジナルカリキュラムは、無料カウンセリングの段階で作ってくれるという良心さ。

英語学習の方法で迷いがある人、英語が伸びなくて悩んでいる人は、とりあえず無料カウンセリングだけ受けることをオススメします。
>>【PROGRIT】

 

プログリット体験記もどうぞ

プログリットでどんなトレーニングをしたのか、すべて書きました。

プログリットで実践したシャドーイングの方法と教材【リスニング】

プログリットで実践したシャドーイングの方法と教材【リスニング】

プログリットで実際にやったリスニング対策を詳しく解説しています。

プログリットでは、リスニングを「音声知覚」と「意味理解」の要素から成っていると考えます。シャドーイングを通じてこれら2つの要素のレベルアップをはかりました。

 

プログリットで実践した瞬間口頭英作文の方法・教材【スピーキング】

プログリットで実践した瞬間口頭英作文の方法・教材【スピーキング】

プログリットでは瞬間口頭英作文にも力を入れました。

私たちがノンネイティブである限り、話すときには頭の中で英文を組み立てなくてはいけない。これを高速化させるトレーニングが口頭英作文。私がプログリットの2ヵ月間で取り組んだ教材やトレーニング方法を解説しています。

 

プログリットで実践した速読&多読の方法・教材【リーディング】

プログリットで実践した速読&多読の方法・教材【リーディング】

プログリットで実践した速読&多読について書いています。

速読と多読は「読み下しながら」内容を捉えるトレーニング。ただし、単なる「リーディング用」のトレーニングと侮るなかれ。これはリスニング力の改善にも通じます。読んで一発で理解できない英語を、耳で聞いただけで分かるはずがないのです。

 

プログリットで実践したオンライン英会話の活用法【ネイティブキャンプ】

プログリットで実践したオンライン英会話の活用法【ネイティブキャンプ】

プログリットではオンライン英会話も活用しました。瞬間英作文やシャドーイングなど、トレーニングの成果をオンライン英会話で出し切りましょう。

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




僕の駆け込み寺 プログリット




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、やり方が間違っているかも。プログリットの無料カウンセリングでは、あなたに合った独学カリキュラムを組んでくれます。正直言って、行かない理由を探す方が難しいですよコレは。無料ですから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です