能力のかけ算で自分の経済的価値を示していこうか

スポンサーリンク




結局のところ、非エリートの凡人会社員が世の中に求められるようになるためには、能力のかけ算しかないと思っています。たとえば僕の場合は、さしあたり「会計力×英語力」のかけ算がキャリアの下支えとなっています。このかけ算の数は、多い方が希少価値が高まっていくというシンプル構造なので、継続的に自分の能力開発に励みさえすれば、たいていの人は少しずつ希少価値を上げていくことができると思います。

もし、現時点で能力と呼べるものがない場合は、「がんばって」能力開発に励むしかないのですが、開発する能力の選択は直感的、且つ、したたかにやるのが良いと思います。自分のなりたい姿から、必要な要件をあぶり出せば、狙うべき能力はわりと簡単に発見できるのですが、いざ発見すると「さすがにこれは自分には無理だ・・」と感じることもあります。たとえば、簿記なんていうのは向き不向き(好き嫌い)がはっきり分かれる資格だと思います。そのほか、プログラミング、法律など、自分の適性とのマッチングは必ず課題になってきます。

この適性のマッチングを無視するのは、やはりしんどいと思います。かつて、僕は第3の能力開発として、HTMLやJava scriptを勉強したことがあるのですが、見事に挫折しました。初めは慣れない作業に「耐えて」いたのですが、しばらくして「これは自分意外の誰かにやってもらえば良いや」なんて考え始める始末です。プログラミングの適性がとことんなかったのだと思います。

とはいえ、能力開発においては基本的に「まずやってみる」で良いのだと思います。本当に適性がない場合は、学習の初期段階で生理的な拒絶反応をおこすと思うからです。その場合は、改めて考え直すまでです。

僕は学生時代、宅建をかじったこともありました。案の定、宅建は挫折し、その翌年に簿記の学習を始めました。今思えば、現在の仕事の原点はこのとき簿記を始めたところにあります。最終的には、会計大学院まで行くことになったのですが、簿記を勉強している時、宅建の時とは全く違う印象をもったものです。学習するたびに自分の興味がどんどん深まっていく感覚、理解するたび「なるほど」と思える感覚、つまりはもっと深く知りたいと思えたわけです。宅建をやっているときに感じた「消化試合感」はまったく湧きませんでした。

人それぞれ、得意不得意、好き嫌いがある以上、取り組むべき能力開発は異なりますが、考え方としては、それだけでは不十分と思います。もう少し、したたかさも必要だろうと思うからです。「どの土俵なら勝てそうか」「どの能力がシナジーを生みそうか」という視点も持つことで、能力開発のかけ算が効果的に機能するようになると思うわけです。

たとえば会計領域において、英語力というのは鉄板のかけ算要素になります。僕はラッキーなことにヨーロッパで職務をしているので、この英語力を単なる言語能力としてではなく、仕事の成果とともに表現できるようになりました。英語能力といえばTOEICスコアが未だに代表格のようですが、欧州でローカルの人間と仕事を成し遂げたという実績を得た以上、もはや僕にはTOEICスコアを敢えてアピールする必要がありません。もっと奥深いストーリーを持っているからです。

実は、会計というのは、英語以上に汎用性の高いグローバル共通言語だったりします。会計のルールは今や世界共通のものになりつつあるため、日本で学んだ知識や経験が、そのまま世界に通用するというレバレッジの高さを持っているのです。このレバレッジを効かせる上で唯一と言ってもいいハードルが語学力になるため、会計と英語力は極めてシナジーが効きやすい組み合わせなわけですね。

このように、レバレッジが効く能力の組み合わせは他にもきっと存在します。自分の好き嫌いや適性に正直にありながらも、こうしたシナジーを意識した組み合わせを身につけることで、少しずつ自分の希少価値と社会的ニーズが大きくなり、結果として待遇にも跳ね返ってくるのだと思います。これからも直感的に、且つ、したたかに、能力の組み合わせを考えていきたいものです。

 

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




駆け込み寺はプログリット




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、やり方が間違っているかも。プログリットの無料カウンセリングでは、あなたに合った独学カリキュラムを組んでくれます。正直言って、行かない理由を探す方が難しいですよコレは。無料ですから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です