「やる気と根性」で生きてきた感がある

スポンサーリンク




根性なんてのはもう死にかけの言語なのかもしれないけど、我々凡人にとって、根性は数少ない生き残るための術だと思うんですよね。たしかに、全方位に高い能力を持つ憎たらしいくらいの秀才ってのが世の中にはいて、「根性なにそれ効率悪くね」というラッパーみたいな感性をビシバシ放っているとは思いますが、「我凡人なり」な人がこれを間に受けるとあんまり良い結末にならない気がします。

世の中には根性でなんとか習得できるスキルというのが存在します。これらは得てして優れた思考力や閃めきを必要とせず、単に根気よく一定以上の努力を続けさえすれば、かなりの確率で習得できるものです。代表的かつ身近な例としては「英語学習」があります。英語は文法理解の点で若干の思考力が必要になりそうですが、基本的には深く考える力は必要ではありません。基本的なルールを学んだら、あとは大量にアウトプットするのみです。これなら頭の良くない凡人でも真剣にやればいけますよね。ちなみに僕の感覚だと簿記もこれに近いと思います。ルールを覚えて実践して体に叩き込む。半ば体育会系の学習ですね。

頭の良くない我々凡人は、こうした根性系スキルを習得しながらビジネスの世界をやり繰りするしかないので、秀才ラッパーみたいな「根性ダサい」という感性はさっさと捨て去るほうが身のためな気がします。むしろ、やる気と根性で勝負できることがあれば有り難く頂戴する、くらいの気持ちがあってもいいと思いますね。

一方で、現実問題として「根気よくやる」ことにも、ある種の才能が必要になるという事実も受け止めないといけないですね。はやく結果を出したければ、毎日出来るだけ多くの時間を投下しないとだめで、それなりに没頭する感覚で励むことになると思いますが、これができない人も沢山いるのが現実なわけです。どうしても三日坊主になるとか、毎日30分が限界とか。半沢氏みたいに強烈な動機づけがあれば執念深くやれるでしょうが、日頃の仕事で強い動機づけが得られない人にとっては「継続する」ということ自体に才能の必要性を感じるんですよね。

これ、考えようによっては「所詮その程度の重要性しか感じていない」ということでもあるのかもしれません。なんとなく「こりゃ大変だー、なんとかしなきゃー」と思っているつもりだけれど、本心はそうでもない状態ですね。三日坊主になるのは危機に瀕していない、もしくは感じ取っていないからでしょう。誰だって「これは本当にやばい」という状況を察知したら、イマージェンシーモードに切り替わるよね、という僕の浅はかな発想です。そうなっていないのは、生活における仕事の重要性がその程度しかないってことであり、それはそれで生き方としてアリ、アリ、大アリだと思います。

僕は心があまりタフではなくて、簡単に「やっばー」となるので、ある意味、根性系のスキル習得には向いているのかもしれませんが、まぁそれが故に燃費の悪い生き方をしているなぁとも思います。日本に帰ったら、心身ともにもっと穏やかな生活を心がけたいと思います。

スポンサーリンク




就活処世術大全を無料で大公開!2度の新卒就活で得た圧倒的経験量をもとに、本気で思考法をまとめた!1万文字超の大全!






学生にとって就活は完全に異世界だ。そして、この異世界が若者の可能性を摘んでいる。残念ながら、今のボクには就活を変える力はないが、「就活つらい、死にたい」となる前に、駆け抜ける処世術を伝える事はできる。そう信じた結果、出来上がったのがこの超大全です。届いて欲しい。




やまびこの英語学習壮絶ストーリーを大公開!TOEIC300台から800までの道のりを超具体的に!






TOEIC370から800へ!これだけやれば誰でもスコア800は取れる!マジで取れる!やまびこの英語学習ストーリーを追体験して、TOEIC800を確実に手に入れよう!




駆け込み寺はプログリット




こんなに勉強してるのに英語力が伸びない・・・と悩んでいる方は、やり方が間違っているかも。プログリットの無料カウンセリングでは、あなたに合った独学カリキュラムを組んでくれます。正直言って、行かない理由を探す方が難しいですよコレは。無料ですから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です